Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 のカーネル

medium Nessus プラグイン ID 85198
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

* Linux カーネルの Transparent Huge Page(THP)実装が非 huge page 移行を処理していた方法で、欠陥が見つかりました。ローカルの権限のないユーザーはこの欠陥を利用して、trasparent hugepage を移行することでカーネルをクラッシュさせることができます。(CVE-2014-3940、重要度中)

* Linux カーネルの eCryptfs 実装が暗号化されたファイル名をデコードする方法に、バッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーが、この欠陥を利用して、システムをクラッシュさせたり、システムの権限を昇格したりする可能性があります。(CVE-2014-9683、重要度中)

* chown および execve システムコールの間に、競合状態の欠陥が見つかりました。setuid ユーザーバイナリの所有者をルートに変更したとき、競合状態が瞬間的にバイナリ setuid をルートにする可能性があります。ローカルの権限のないユーザーがこの欠陥を利用して、システム上で権限を昇格させる恐れがあります。(CVE-2015-3339、重要度中)

* Cherry Cymotion キーボードドライバー、KYE/Genius デバイスドライバー、Logitech デバイスドライバー、Monterey Genius KB29E キーボードドライバー、Petalynx Maxter リモートコントロールドライバー、および Sunplus ワイヤレスデスクトップドライバーが無効なレポート記述子サイズを持つ HID レポートを処理する方法に、複数の領域外書き込みの欠陥が見つかりました。システムへの物理的アクセス権を有する攻撃者が、これら欠陥のいずれかを利用して、割り当てメモリバッファを超えてデータを書き込む可能性があります。(CVE-2014-3184、重要度低)

* Linux カーネルの Advanced Linux Sound Architecture(ALSA)の実装が、ユーザーコントロールの状態のアクセスを処理する方法で、情報漏洩の欠陥が見つかりました。ローカルの特権ユーザーが、この欠陥を利用して、ユーザー空間にカーネルメモリを漏洩する可能性があります。(CVE-2014-4652、重要度低)

* 16 ビット RW データセグメントを(espfix がチェックする)LDT の代わりに GDT にインストールし、スタックでそのセグメントを使用することで、espfix 機能性をバイパスできることが判明しました。ローカルの権限のないユーザーがこの欠陥を利用して、カーネルスタックアドレスを漏洩できる可能性があります。(CVE-2014-8133、重要度低)

* Linux カーネルの IEEE 802.11 ワイヤレスネットワークの実装に、情報漏洩の欠陥が見つかりました。ソフトウェア暗号化を使用する場合、リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、平文の最大 8 バイトを漏洩させる可能性があります。(CVE-2014-8709、重要度低)

* Linux カーネル KVM サブシステムの sysenter 命令エミュレーションが十分でないことが判明しました。権限のないゲストユーザーがこの欠陥を利用して、ゲスト OS が SYSENTER モデル固有レジスタ(MSR)を初期化しなかった場合、ハイパーバイザーを騙して、16 ビットモードで SYSENTER 命令をエミュレートさせることで、権限を昇格することが可能です。注:KVM を持つ Scientific Linux の認定されたゲストオペレーティングシステムは、SYSENTER MSR を初期化するため、 KVM ハイパーバイザー上で実行している場合はこの問題に対して脆弱ではありません。(CVE-2015-0239、重要度低)

この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?e432e14d

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 85198

ファイル名: sl_20150722_kernel_on_SL6_x.nasl

バージョン: 2.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/8/4

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.2

ベクトル: AV:L/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo-common-i686, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:perf, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:python-perf, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:python-perf-debuginfo, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2015/7/22

脆弱性公開日: 2014/6/5

参照情報

CVE: CVE-2014-3184, CVE-2014-3940, CVE-2014-4652, CVE-2014-8133, CVE-2014-8709, CVE-2014-9683, CVE-2015-0239, CVE-2015-3339