Atlassian JIRA 4.2.x < 4.4 / 4.3.x < 4.4 の複数の XSS

medium Nessus プラグイン ID 85217

概要

リモートの Web サーバーが、複数のクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性の影響を受ける Web アプリケーションをホストしています。

説明

自己報告のバージョン番号によると、リモート Web サーバーでホストされている Atlassian JIRA のバージョンは、4.4 より前の 4.2.x または 4.3.x です。このため、複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受ける可能性があります。これにより、攻撃者がクッキーベースの認証情報へのアクセスを取得したり、独自の JavaScript を JIRA Web ページに埋め込んだりする可能性があります。

Nessusはこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Atlassian JIRA 4.4またはそれ以降にアップグレードしてください。あるいは、パッチオプションについてベンダーに照会してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?0e065148

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 85217

ファイル名: jira_4_4.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses : XSS

公開日: 2015/8/4

更新日: 2022/4/11

構成: パラノイドモードの有効化, 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:F/RL:U/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:atlassian:jira

必要な KB アイテム: installed_sw/Atlassian JIRA, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/9/27

脆弱性公開日: 2011/9/27

参照情報

BID: 49790