RHEL 6:kernel-rt(RHSA-2015:1564)

medium Nessus プラグイン ID 85249
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.1

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

3 つのセキュリティ問題と複数のバグを修正し、様々な強化を追加する更新済みの kernel-rt パッケージが、Red Hat Enterprise MRG 2.5 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

kernel-rt パッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

* Linux カーネルの netfilter 接続の追跡の実装が拡張をロードする方法で、整数オーバーフローの欠陥が見つかりましたローカルネットワークにいる攻撃者が、特別に細工されたパケットのシーケンスを送信し、多数の拡張のロードを開始させ、そのネットワークでターゲットとなるシステムをクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2014-9715、重要度中)

* 偽造された切断中に Linux カーネルの ping ソケットの実装が、ソケットのハッシュ化解除を適切に処理しないことが分り、 use-after-free の欠陥につながる可能性があります。x86-64 アーキテクチャシステムでは、 ping ソケットを作成できるローカルユーザーがこの欠陥を利用し、システムをクラッシュさせる恐れがあります。非 x86-64 アーキテクチャシステムでは、 ping ソケットを作成できるローカルユーザーがこの欠陥を利用し、システム上での権限を昇格する恐れがあります。(CVE-2015-3636、重要度中)

* Linux カーネルの IPv6 の TCP/IP プロトコルスイートの実装が、 Hop Limit 値をデフォルト値よりも小さい値に設定することを許容していることがわかりました。ローカルネットワークの攻撃者がこの欠陥を利用して、そのネットワークのシステムのネットワークパケットの送受信を妨害することが可能です。(CVE-2015-2922、重要度低)

Red Hat は、CVE-2014-9715 の問題を報告してくれた Nathan Hoad 氏に感謝の意を表します。

この更新は、Red Hat Enterprise MRG 2.5 用の kernel-rt パッケージのビルドを提供しています。これは、Red Hat Enterprise Linux 6 でレイヤーされ、次の問題を修正します。

* drbg:stdrng エイリアスを追加し、優先度を上げます * seqiv / eseqiv / chainiv:IV シード処理を init 関数に移動します * ipv4:0bbf87d バックポートに対する kABI の修正 * ipv4:ipv4.ip_local_port_range を netns ごとになるように変換します * libceph:tcp_nodelay のサポート * ipr:デフォルトアダプターの init ステージ変更タイムアウトを増やします * usb_hcd_unlink_urb() での use-after-free のバグを修正します * libceph:二重 __remove_osd() の問題を修正します * ext4:書かれていないエクステントや延期されたエクステントで発生したデータの破損を修正します * sunrpc:RPC_CLNT_CREATE_NO_RETRANS_TIMEOUT に対して不足しているサポートを追加します * nfs:リース刷新の修正(Benjamin Coddington 氏) * ハードロックアップ検出のデフォルトをコントロールします * 有効時の print-once を修正します * watchdog:watchdog_thresh を適切に更新し、watchdog 属性をアトミックに更新します * module:
complete_formation() 後の失敗時に、モジュール通知者を呼び出します

(BZ#1230403)

この更新は以下のバグも修正します:

* 関数 write_seqcount_{begin,end}() の標準以外の使用法が、NFSv4 で使われていました。このため、ロックを保留している間は実時間処理コードをスリープ状態にさせるようにしており、「アトミック中でのスケジュール設定」メッセージを生じさせていました。コードは修正され、どのロックも保留しない関数
__write_seqcount_{begin,end}() を使用し、メッセージを削除し、正確に実行できるようになりました。(BZ#1225642)

* Red Hat Enterprise Linux 6 における Dracut には、3.x カーネルには既に存在しない、scsi_wait_scan と呼ばれるモジュールとの依存関係があります。このため、廃止された scsi_wait_scan モジュールが見つからなかった場合、起動時に誤解を与えるメッセージをシステムに表示させていました。この問題に対処するため、dracut により作成された initramfs の要件を満たすように、MRG Realtime はダミーの scsi_wait_scan モジュールを提供しており、起動時のメッセージはこれ以上表示されません。(BZ#1230403)

kernel-rt の全ユーザーは、これらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正し、これらの拡張機能を追加することが推奨されます。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:1564

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-2922

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3636

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-9715

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 85249

ファイル名: redhat-RHSA-2015-1564.nasl

バージョン: 2.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/8/6

更新日: 2019/10/24

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

リスクファクター: Medium

VPR スコア: 5.1

CVSS v2.0

Base Score: 4.9

Temporal Score: 3.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/8/5

脆弱性公開日: 2015/5/27

参照情報

CVE: CVE-2014-9715, CVE-2015-2922, CVE-2015-3636

RHSA: 2015:1564