Debian DSA-3331-1:subversion - セキュリティ更新

medium Nessus プラグイン ID 85354
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

バージョンコントロールシステム subversion のサーバーコンポーネントに、いくつかのセキュリティ問題が見つかりました。

- CVE-2015-3184 Subversion の mod_authz_svn は、Apache HTTP 2.4 を使用する場合、一部の混合匿名/認証環境で匿名アクセスを適切に制限しません。その結果、認証されたアクセスだけが可能となるべきファイルに対して匿名アクセスが可能になります。この問題は、Apache httpd 2.2 しか含んでいないため、旧安定版(oldstable)ディストリビューション(wheezy)には影響しません。

- CVE-2015-3187 Subversion サーバーは、httpd と svnserve の両方とも、パスベースの authz によって非表示にする必要があるパスを一部開示します。
ノードを読み取り不可の場所から読み取り可能な場所にコピーすると、読み取り不可のパスが開示される可能性があります。
この脆弱性はパスのみを開示し、パスのコンテンツは開示しません。

ソリューション

subversion パッケージをアップグレードしてください。

旧安定版(oldstable)ディストリビューション(wheezy)では、この問題はバージョン 1.6.17dfsg-4+deb7u10 で修正されています。

安定版(stable)ディストリビューション(jessie)では、これらの問題はバージョン 1.8.10-6+deb8u1 で修正されています。

関連情報

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2015-3184

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2015-3187

https://packages.debian.org/source/wheezy/subversion

https://packages.debian.org/source/jessie/subversion

https://www.debian.org/security/2015/dsa-3331

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 85354

ファイル名: debian_DSA-3331.nasl

バージョン: 2.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/8/13

更新日: 2021/1/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:subversion, cpe:/o:debian:debian_linux:7.0, cpe:/o:debian:debian_linux:8.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2015/8/10

参照情報

CVE: CVE-2015-3184, CVE-2015-3187

DSA: 3331