Oracle Linux 7:sqlite(ELSA-2015-1635)

high Nessus プラグイン ID 85491

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2015:1635 から:

3 件のセキュリティの問題を修正する更新済みの sqlite パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

SQLite は、SQL データベースエンジンを実装する C ライブラリです。SQL92 の大きいサブセットがサポートされています。完全なデータベースが、単一のディスクファイルに保存されています。この API は、便利さおよび使いやすさのために設計されています。
SQLite にリンクされているアプリケーションは、個別のデータベースサーバーをサポートするために管理者が苦労しなくても、 SQL データベースのパワーや柔軟性を活用できます。

SQLite が照合順番名のデクォートを処理する方法で、欠陥が見つかりました。ローカルの攻撃者が、特別に細工された COLLATE ステートメントを送信し、SQLite プロセスをクラッシュさせたり、その他の詳細不明な影響を与えたりする可能性があります。(CVE-2015-3414)

SQLite の sqlite3VdbeExec() 関数が、比較演算子を適切に実装していないことが判明しました。ローカルの攻撃者が、特別に細工された CHECK ステートメントを送信し、SQLite プロセスをクラッシュさせたり、その他の詳細不明な影響を与える可能性があります。(CVE-2015-3415)

SQLite の sqlite3VXPrintf() 関数が、浮動小数点の変換の際に、精度や幅の値を適切に処理していないことが分かりました。ローカルの攻撃者が、特別に細工されたSELECT ステートメントを送信し、 SQLite プロセスをクラッシュさせたり、その他の詳細不明な影響を与える可能性があります。
(CVE-2015-3416)

sqlite の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれているこの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。

ソリューション

影響を受ける sqlite パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2015-August/005344.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 85491

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2015-1635.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/8/18

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:lemon, p-cpe:/a:oracle:linux:sqlite, p-cpe:/a:oracle:linux:sqlite-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:sqlite-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:sqlite-tcl, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/8/17

脆弱性公開日: 2015/4/24

参照情報

CVE: CVE-2015-3414, CVE-2015-3415, CVE-2015-3416

RHSA: 2015:1635