SUSE SLES11 セキュリティ更新:MozillaFirefox、mozilla-nss(SUSE-SU-2015:1449-1)(Logjam)

low Nessus プラグイン ID 85721
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート SuSE ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Mozilla Firefox は、現在の Firefox 38ESR ブランチに更新されています(38.2.0ESR リリース)。

修正されたセキュリティの課題:

- MFSA 2015-78/CVE-2015-4495:PDF リーダーによる同一生成元違反およびローカルファイルの盗難

- MFSA 2015-79/CVE-2015-4473/CVE-2015-4474:
様々なメモリ安全性の問題(rv:40.0/rv:38.2)

- MFSA 2015-80/CVE-2015-4475:無効な形式の MP3 ファイルによる領域外読み取り

- MFSA 2015-82/CVE-2015-4478:構成不可能な JavaScript オブジェクトプロパティの再定義

- MFSA 2015-83/CVE-2015-4479:libstagefright でのオーバーフローの問題

- MFSA 2015-87/CVE-2015-4484:JavaScript で共有メモリを使用する際のクラッシュ

- MFSA 2015-88/CVE-2015-4491:ビットマップ画像のスケール時の gdk-pixbuf でのヒープオーバーフロー

- MFSA 2015-89/CVE-2015-4485/CVE-2015-4486:WebM 動画のデコード時の Libvpx におけるバッファオーバーフロー

- MFSA 2015-90/CVE-2015-4487/CVE-2015-4488/CVE-2015-4489:
コード検査で見つかった脆弱性

- MFSA 2015-92/CVE-2015-4492:共有ワーカーによる XMLHttpRequest での use-after-free

次の脆弱性が ESR31 で修正され、ここにも含まれています:

- CVE-2015-2724/CVE-2015-2725/CVE-2015-2726:さまざまなメモリの安全性に関する問題(bsc#935979)。

- CVE-2015-2728:Indexed Database Manager の型の取り違え(Type Confusion)(bsc#935979)。

- CVE-2015-2730:ECDSA 署名検証は、一部の署名を適切に処理できません(bsc#935979)。

- CVE-2015-2722/CVE-2015-2733:XMLHttpRequest 使用中の作業者の use-after-free(bsc#935979)。
CVE-2015-2734/CVE-2015-2735/CVE-2015-2736/CVE-2015-2737/ CVE-2015-2738/CVE-2015-2739/CVE-2015-2740:コード検査を通じて見つかった脆弱性(bsc#935979)。

- CVE-2015-2743:PDF.js における権限昇格(bsc#935979)。

- CVE-2015-4000:NSS は、正規の DHE 暗号化パッケージを持つエクスポート長の DHE 鍵を受け入れます(bsc#935033)。

- CVE-2015-2721:NSS は、ServerKeyExchange のスキップを不適切に許可します(bsc#935979)。

またこの更新には、31ESR から 38ESR までの、多数の機能改善やバグ修正が含まれています。

また、Mozilla NSS ライブラリは、CKBI API を 1.98 から 2.4 に切り替えました。これは、 Firefox 38ESR が使用するバージョンです。

MozillaFirefox および mozilla-nss は 17 つのセキュリティ問題を修正するために更新されました。

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを SUSE セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

この SUSE セキュリティ更新をインストールするには、YaST online_update を使用してください。
または、お使いの製品用に一覧になったコマンドを実行することも可能です。

SUSE Linux Enterprise Server 11-SP2-LTSS:

zypper in -t patch slessp2-mozilla-201507-12049=1

SUSE Linux Enterprise Server 11-SP1-LTSS:

zypper in -t patch slessp1-mozilla-201507-12049=1

SUSE Linux Enterprise Debuginfo 11-SP2:

zypper in -t patch dbgsp2-mozilla-201507-12049=1

SUSE Linux Enterprise Debuginfo 11-SP1:

zypper in -t patch dbgsp1-mozilla-201507-12049=1

お使いのシステムを最新の状態にするには、「zypper パッチ」を使用してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=935033

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=935979

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=940806

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=940918

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2721/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2722/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2724/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2725/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2726/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2728/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2730/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2733/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2734/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2735/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2736/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2737/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2738/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2739/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2740/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-2743/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4000/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4473/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4474/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4475/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4478/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4479/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4484/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4485/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4486/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4487/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4488/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4489/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4491/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4492/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4495/

http://www.nessus.org/u?7becea4c

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 85721

ファイル名: suse_SU-2015-1449-1.nasl

バージョン: 2.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/9/1

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Low

Base Score: 3.7

Temporal Score: 3.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:MozillaFirefox, p-cpe:/a:novell:suse_linux:MozillaFirefox-branding-SLED, p-cpe:/a:novell:suse_linux:MozillaFirefox-translations, p-cpe:/a:novell:suse_linux:firefox-libgcc_s1, p-cpe:/a:novell:suse_linux:firefox-libstdc%2b%2b6, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libfreebl3, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mozilla-nss, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mozilla-nss-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mozilla-nss-tools, cpe:/o:novell:suse_linux:11

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/8/25

脆弱性公開日: 2015/5/21

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

参照情報

CVE: CVE-2015-2721, CVE-2015-2722, CVE-2015-2724, CVE-2015-2725, CVE-2015-2726, CVE-2015-2728, CVE-2015-2730, CVE-2015-2733, CVE-2015-2734, CVE-2015-2735, CVE-2015-2736, CVE-2015-2737, CVE-2015-2738, CVE-2015-2739, CVE-2015-2740, CVE-2015-2743, CVE-2015-4000, CVE-2015-4473, CVE-2015-4474, CVE-2015-4475, CVE-2015-4478, CVE-2015-4479, CVE-2015-4484, CVE-2015-4485, CVE-2015-4486, CVE-2015-4487, CVE-2015-4488, CVE-2015-4489, CVE-2015-4491, CVE-2015-4492, CVE-2015-4495

BID: 74733, 75541