Debian DLA-304-1:openslp-dfsg セキュリティ更新

high Nessus プラグイン ID 85769

概要

リモートの Debian ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

Internet Engineering Task Force(IETF)Service Location Protocol 標準プロトコルを実装する OpenSLP でいくつかの問題が見つかり、解決されました。

CVE-2010-3609

リモートの攻撃者が「次の拡張オフセット」を介して、細工されたパケットにより、Service Location Protocol デーモン(SLPD)でサービス拒否を引き起こす可能性があります。

CVE-2012-4428

Georgi Geshev 氏が、SLPIntersectStringList() 関数に存在する領域外読み取りエラーが利用され、DoS を引き起こされる可能性があることを発見しました。

CVE-2015-5177

SLPDProcessMessage() 関数に存在する二重解放が利用され、openslp のクラッシュが引き起こされる可能性があります。

Debian 6「Squeeze」では、これらの問題は openslp-dfsg バージョン 1.2.1-7.8+deb6u1 で修正されています。

openslp-dfsg パッケージをアップグレードすることを推奨します。

Debian Long Term Support(LTS)プロジェクト、およびこれらの更新を適用する方法の詳細:https://wiki.debian.org/LTS/

注:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを DLA セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージをアップグレードしてください。

関連情報

https://lists.debian.org/debian-lts-announce/2015/09/msg00000.html

https://packages.debian.org/source/squeeze-lts/openslp-dfsg

https://wiki.debian.org/LTS/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 85769

ファイル名: debian_DLA-304.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/9/4

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:libslp-dev, p-cpe:/a:debian:debian_linux:libslp1, p-cpe:/a:debian:debian_linux:openslp-doc, p-cpe:/a:debian:debian_linux:slpd, p-cpe:/a:debian:debian_linux:slptool, cpe:/o:debian:debian_linux:6.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/9/3

参照情報

CVE: CVE-2010-3609, CVE-2012-4428, CVE-2015-5177

BID: 46772, 55540