MS15-104:Skype for Business Server and Lync Serverの権限昇格可能な脆弱性(3089952)

medium Nessus プラグイン ID 85849
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Windows ホストに、セキュリティの更新が欠落しています。したがって、Skype for Business Server and Lync Server における複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性の影響を受けます。

- jQuery エンジンが特別に細工されたコンテンツの適切にサニタイズに失敗するため、Skype for Business Server and Lync Server にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこの脆弱性を利用して、悪意のある URL をユーザーに開かせることができます。これにより、Web セッションから情報を取得するために、ユーザーのブラウザで任意のスクリプトコードが実行されます。(CVE-2015-2531)

- 特別に細工されたコンテンツを不適切にサニタイズしているため、Lync Server にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこの脆弱性を利用して、悪意のある URL をユーザーに開かせることができます。これにより、Web セッションから情報を取得するために、ユーザーのブラウザで任意のスクリプトコードが実行されます。(CVE-2015-2532)

- 特別に細工されたコンテンツを不適切にサニタイズしているため、Skype for Business Server and Lync Server にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。認証されていないリモートの攻撃者がこれを利用して、ユーザに悪意のある URL を開かせ、昇格した権限を取得するためにユーザーのブラウザで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-2536)

ソリューション

Microsoft は、Microsof Lync Server 2013 および Skype for Business Server 2015 用の一連のパッチをリリースしました。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4e8b2f20

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 85849

ファイル名: smb_nt_ms15-104.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2015/9/9

更新日: 2019/11/22

依存関係: smb_hotfixes.nasl, ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-2536

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:lync_server, cpe:/a:microsoft:skype_for_business_server

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/9/8

脆弱性公開日: 2015/9/8

参照情報

CVE: CVE-2015-2531, CVE-2015-2532, CVE-2015-2536

BID: 76600, 76601, 76603

MSFT: MS15-104

MSKB: 3080352, 3080353, 3080355