Scientific Linux セキュリティ更新:SL7.x x86_64 のカーネル

high Nessus プラグイン ID 85960

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

* バークレーパケットフィルター(BPF)のカーネル実装に、欠陥が見つかりました。ローカルの攻撃者は BPF コードを作成し、 JIT コンパイラーが最後のパスにおける JIT 画像の適切な最適化に失敗する状況をつくることで、システムをクラッシュさせることができます。これにより、 JIT コードには関係のない CPU 実行命令が発生します。(CVE-2015-4700、重要度高)

* Linux カーネルのネットワーク実装が不適切なチェックサム値で UDP パケットを処理していた過程に、2 つの欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者がこれらの欠陥を悪用して、カーネルで無限ループを引き起こしてシステムのサービス拒否を引き起こしたり、 edge が引き起こした epoll 機能を使用するアプリケーションでサービス拒否を引き起こしたりする可能性があります。(CVE-2015-5364、CVE-2015-5366、重要度高)

* fallocate ゼロ範囲機能が使用された際に Linux カーネルの ext4 ファイルシステムが「page size > block size」状態を処理していた方法で、欠陥が見つかりました。ローカルの攻撃者は、この欠陥を利用して、システムをクラッシュさせることができます。(CVE-2015-0275、重要度中)

* add_key() 関数からキーリングにキーを追加する際に、Linux カーネルのキーリング実装がメモリを漏洩させていたことが判明しました。
ローカルの攻撃者はこの欠陥を悪用して、システム上のすべての使用可能なメモリを使い果たすことや、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-1333、重要度中)

* Address Configuration Change(ASCONF)を行う際に Linux カーネルの SCTP 実装が Address Configuration リストを処理していた方法で、競合状態の欠陥が見つかりました。ローカルの攻撃者はこの欠陥を悪用して特定の ASCONF オプションをソケットで設定することで競合状態を発生させ、システムをクラッシュさせることができます。(CVE-2015-3212、重要度中)

* Linux カーネルの Virtual Dyanamic Shared Object(vDSO)がアドレスのランダム化を行っていた方法で、情報漏洩の欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーが、この欠陥を利用して、ユーザー空間にカーネルメモリアドレスを漏洩する可能性があります。(CVE-2014-9585、重要度低)

この更新は、いくつかのバグも修正します。

この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?3419e0cc

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 85960

ファイル名: sl_20150915_kernel_on_SL7_x.nasl

バージョン: 2.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/9/16

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-tools, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-tools-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:perf, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:python-perf, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:python-perf-debuginfo, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2015/9/15

脆弱性公開日: 2015/1/9

参照情報

CVE: CVE-2014-9585, CVE-2015-0275, CVE-2015-1333, CVE-2015-3212, CVE-2015-4700, CVE-2015-5364, CVE-2015-5366