RHEL 6:rhev-hypervisor(RHSA-2015:1713)

high Nessus プラグイン ID 85999

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題および複数のバグを修正し、さまざまな拡張機能を追加する更新済み rhev-hypervisor パッケージが、利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

rhev-hypervisor パッケージにより、Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor の ISO ディスクイメージが提供されます。Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor は、専用のカーネルベース仮想マシン(KVM)ハイパーバイザーです。仮想マシンの実行および管理に必要な全ての機能が含まれています:Red Hat Enterprise Linux 操作環境と Red Hat Enterprise Virtualization Agent のサブセット。

注:Red Hat Enterprise Virtualization ハイパーバイザーが使用できるのは、仮想化拡張対応の Intel 64 および AMD64 のアーキテクチャだけです。

JasPer が JPEG 2000 画像ファイルをデコードする方法に、ヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。特別に細工されたファイルが、 JasPer を使用するアプリケーションをクラッシュさせたり、任意のコードが実行されたりする可能性があります。(CVE-2014-8138)

ホスト上の QEMU-KVM コンテキスト下で実行している SPICE の worker_update_monitors_config() 関数に、ヒープベースのメモリ破損を引き起こす競合状態の欠陥が見つかりました。ゲストのユーザーがこの欠陥を利用して、ホストの QEMU-KVM プロセスをクラッシュさせたり、ホストの QEMU-KVM プロセスの権限で任意のコードを実行できる可能性があります。(CVE-2015-3247)

JasPer が JPEG 2000 画像ファイル内の ICC カラープロファイルを解析する方法に、二重解放の欠陥が見つかりました。特別に細工されたファイルが、 JasPer を使用するアプリケーションをクラッシュさせたり、任意のコードが実行されたりする可能性があります。(CVE-2014-8137)

VM が VM グリッドビューで選択されている場合、Red Hat Enterprise Virtualization Manager Web Admin インターフェイスでのアイドルタイムアウトが、セッションのログアウトに失敗することが判明しました。対処されない場合、これによってローカルの攻撃者が Web インターフェイスにアクセスできる可能性があります。
(CVE-2015-1841)

Red Hat は、CVE-2014-8137 および CVE-2014-8138 を報告してくれた oCERT に感謝の意を表します。oCERT は、Google セキュリティチームの Jose Duart 氏を最初の報告者として認めています。CVE-2015-3247 の問題は、Red Hat の Frediano Ziglio 氏が見つけました。CVE-2015-1841 の問題は、Red Hat の Einav Cohen 氏が見つけました。

この更新では以下のバグも修正されます。

* 以前は、Red Hat Enterprise Linux 6 ホストでの Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor 7 RPM のインストールは失敗しました。これは、このようなものが利用可能ではないが原因でした。Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor 7 RPM が、rhel-6-server-rhevh-rpms チャネルで利用可能で、Red Hat Enterprise Linux 6 ホストにインストールできます。(BZ#1193678)

また、この更新は以下の拡張機能も追加します:

* このリリースでは、Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor に、Dell Shared PERC8 RAID コントローラー用のドライバーが含まれるようになりました。
(BZ#1186582)

Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor のユーザーは、この更新済みパッケージへアップグレードすることを推奨します。

ソリューション

影響を受ける rhev-hypervisor6 および rhev-hypervisor7 の両方またはいずれかのパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:1713

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8138

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-8137

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-1841

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3247

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 85999

ファイル名: redhat-RHSA-2015-1713.nasl

バージョン: 2.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/9/18

更新日: 2019/10/24

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhev-hypervisor6, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:rhev-hypervisor7, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/9/3

脆弱性公開日: 2014/12/24

参照情報

CVE: CVE-2014-8137, CVE-2014-8138, CVE-2015-1841, CVE-2015-3247

RHSA: 2015:1713