VMSA-2015-0007:VMware vCenter および ESXi の更新で、重大なセキュリティ問題が対処されます。

high Nessus プラグイン ID 86254

概要

リモートの VMware ESXi ホストにセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

OpenSLP の SLPDProcessMessage() 関数での二重解放エラーのために、リモート VMware ESXi ホストがリモートコードの実行の脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者が、細工されたパッケージを介してこれを悪用し、任意のコードの実行やサービス拒否状態を起こす可能性があります。

ソリューション

欠落しているパッチを適用してください。

関連情報

http://lists.vmware.com/pipermail/security-announce/2016/000333.html

https://www.vmware.com/security/advisories/VMSA-2015-0007.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 86254

ファイル名: vmware_VMSA-2015-0007.nasl

バージョン: 1.34

タイプ: local

公開日: 2015/10/3

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:vmware:esxi:5.0, cpe:/o:vmware:esxi:5.1, cpe:/o:vmware:esxi:5.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.0, cpe:/o:vmware:esxi:6.5, cpe:/o:vmware:esxi:6.7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/VMware/release, Host/VMware/version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/10/1

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Java JMX Server Insecure Configuration Java Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2015-1047, CVE-2015-2342, CVE-2015-5177

VMSA: 2015-0007