Oracle MySQL 5.6.x < 5.6.26 複数の脆弱性(2015 年 10 月 CPU)

high Nessus プラグイン ID 86660

概要

リモートホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle MySQL のバージョンは、 5.6.26 より前の 5.6.x です。したがって、次の脆弱性の影響を受けます:

- x509_vfy.c の X509_verify_cert() 関数の欠陥により、 Security:Encryption サブコンポーネントに証明書検証バイパスの脆弱性が存在します。これは、チェーンを構築する最初の試行が失敗した際に、代わりの証明書チェーンを検索する場合に発生します。リモートの攻撃者がこれを悪用して、有効なリーフ証明書を認証局(CA)として使用することで、認証をバイパスする無効な証明書を発行する可能性があります。
(CVE-2015-1793)

- Client Programs サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在します。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、昇格された権限を取得する可能性があります。(CVE-2015-4819)

- DLM サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在します。
認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、整合性に影響を与える可能性があります。(CVE-2015-4879)

さらに、次の MySQL サブコンポーネントに詳細不明なサービス拒否の脆弱性が存在します:

- InnoDB (CVE-2015-4895)

- libmysqld(CVE-2015-4904)

- パーティション(CVE-2015-4833)

- セキュリティ:ファイアウォール(CVE-2015-4766)

ソリューション

October 2015 Oracle Critical Patch Update アドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?1de82df5

https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.6/en/news-5-6-26.html

https://support.oracle.com/epmos/faces/DocumentDisplay?id=2048227.1

http://www.nessus.org/u?75a4a4fb

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 86660

ファイル名: mysql_5_6_26_rpm.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Databases

公開日: 2015/10/29

更新日: 2020/6/3

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2015-1793

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:mysql, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql, p-cpe:/a:centos:centos:mysql, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:mysql, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql, p-cpe:/a:novell:opensuse:mysql, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mysql, p-cpe:/a:oracle:linux:mysql, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:mysql

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/10/20

脆弱性公開日: 2015/7/9

参照情報

CVE: CVE-2015-1793, CVE-2015-4766, CVE-2015-4819, CVE-2015-4833, CVE-2015-4879, CVE-2015-4895, CVE-2015-4904

BID: 75652, 77136, 77140, 77170, 77196, 77219, 77232