SUSE SLED11 セキュリティ更新:java-1_7_0-openjdk(SUSE-SU-2015:1875-2)

critical Nessus プラグイン ID 86708
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート SuSE ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

java-1_7_0-openjdk がバージョン 7u91 に更新され、17 のセキュリティの問題が修正されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2015-4843:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者はシリアル化に関連する不明なベクトルを通じて機密性、整合性および可用性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4842:Oracle Java SE 6u101、7u85、 8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JAXP に関連するベクトルを通じて機密性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4840:Oracle Java SE 7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は 2D に関連する不明なベクトルを通じて、機密性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4872:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、Java SE Embedded 8u51、および JRockit R28.3.7 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者はセキュリティに関連する不明なベクトルを通じて、整合性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4860:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は RMI に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4883 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4844:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は、2D に関連する不明のベクトルを通じて機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4883:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は RMI に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4860 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4893:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、Java SE Embedded 8u51、および JRockit R28.3.7 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JAXP に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4803 および CVE-2015-4911 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4911:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、Java SE Embedded 8u51、および JRockit R28.3.7 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JAXP に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4803 および CVE-2015-4893 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4882:Oracle Java SE 6u101、7u85、 8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は CORBA に関連するベクトルを通じて可用性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4881:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は CORBA に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4835 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4734:Oracle Java SE 6u101、7u85、 8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JGSS に関連するベクトルを通じて機密性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4806:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者はライブラリに関連する不明なベクトルを通じて機密性および整合性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4805:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者はシリアル化に関連する不明なベクトルを通じて機密性、整合性および可用性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4803:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、Java SE Embedded 8u51、および JRockit R28.3.7 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JAXP に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4893 および CVE-2015-4911 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4835:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は CORBA に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4881 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4903:Oracle Java SE 6u101、7u85、 8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は RMI に関連するベクトルを通じて機密性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを SUSE セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

この SUSE セキュリティ更新をインストールするには、YaST online_update を使用してください。
または、お使いの製品用に一覧になったコマンドを実行することも可能です。

SUSE Linux Enterprise Desktop 11-SP4:

zypper in -t patch sledsp4-java-1_7_0-openjdk-12179=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 11-SP3:

zypper in -t patch sledsp3-java-1_7_0-openjdk-12179=1

SUSE Linux Enterprise Debuginfo 11-SP4:

zypper in -t patch dbgsp4-java-1_7_0-openjdk-12179=1

SUSE Linux Enterprise Debuginfo 11-SP3:

zypper in -t patch dbgsp3-java-1_7_0-openjdk-12179=1

お使いのシステムを最新の状態にするには、「zypper パッチ」を使用してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=951376

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4734/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4803/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4805/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4806/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4835/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4840/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4842/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4843/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4844/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4860/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4872/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4881/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4882/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4883/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4893/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4903/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4911/

http://www.nessus.org/u?a4d96524

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 86708

ファイル名: suse_SU-2015-1875-2.nasl

バージョン: 2.8

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/11/3

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:java-1_7_0-openjdk-devel, cpe:/o:novell:suse_linux:11

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/10/23

脆弱性公開日: 2015/10/21

参照情報

CVE: CVE-2015-4734, CVE-2015-4803, CVE-2015-4805, CVE-2015-4806, CVE-2015-4835, CVE-2015-4840, CVE-2015-4842, CVE-2015-4843, CVE-2015-4844, CVE-2015-4860, CVE-2015-4872, CVE-2015-4881, CVE-2015-4882, CVE-2015-4883, CVE-2015-4893, CVE-2015-4903, CVE-2015-4911