openSUSE セキュリティ更新:java-1_7_0-openjdk (openSUSE-2015-695)

critical Nessus プラグイン ID 86730
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

java-1_7_0-openjdk が更新され、17 のセキュリティの問題が修正されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2015-4843:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者はシリアル化に関連する不明なベクトルを通じて機密性、整合性および可用性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4842:Oracle Java SE 6u101、7u85、 8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JAXP に関連するベクトルを通じて機密性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4840:Oracle Java SE 7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は 2D に関連する不明なベクトルを通じて、機密性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4872:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、Java SE Embedded 8u51、および JRockit R28.3.7 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者はセキュリティに関連する不明なベクトルを通じて、整合性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4860:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は RMI に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4883 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4844:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は、2D に関連する不明のベクトルを通じて機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4883:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は RMI に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4860 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4893:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、Java SE Embedded 8u51、および JRockit R28.3.7 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JAXP に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4803 および CVE-2015-4911 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4911:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、Java SE Embedded 8u51、および JRockit R28.3.7 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JAXP に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4803 および CVE-2015-4893 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4882:Oracle Java SE 6u101、7u85、 8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は CORBA に関連するベクトルを通じて可用性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4881:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は CORBA に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4835 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4734:Oracle Java SE 6u101、7u85、 8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JGSS に関連するベクトルを通じて機密性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4806:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者はライブラリに関連する不明なベクトルを通じて機密性および整合性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4805:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者はシリアル化に関連する不明なベクトルを通じて機密性、整合性および可用性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

- CVE-2015-4803:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、Java SE Embedded 8u51、および JRockit R28.3.7 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は JAXP に関連するベクトルを通じて、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4893 および CVE-2015-4911 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4835:Oracle Java SE 6u101、7u85、8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は CORBA に関連するベクトルを通じて、機密性、整合性、可用性に影響を与えることがあります。これは、CVE-2015-4881 とは異なる脆弱性です(bsc#951376)。

- CVE-2015-4903:Oracle Java SE 6u101、7u85、 8u60、および Java SE Embedded 8u51 の詳細不明な脆弱性により、リモートの攻撃者は RMI に関連するベクトルを通じて機密性に影響を与えることがあります(bsc#951376)。

ソリューション

影響を受ける java-1_7_0-openjdk パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=951376

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 86730

ファイル名: openSUSE-2015-695.nasl

バージョン: 2.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/11/5

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-accessibility, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-bootstrap, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-bootstrap-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-bootstrap-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-bootstrap-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-bootstrap-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-bootstrap-headless, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-bootstrap-headless-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-demo-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-headless, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-headless-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_7_0-openjdk-src, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2015/10/23

参照情報

CVE: CVE-2015-4734, CVE-2015-4803, CVE-2015-4805, CVE-2015-4806, CVE-2015-4835, CVE-2015-4840, CVE-2015-4842, CVE-2015-4843, CVE-2015-4844, CVE-2015-4860, CVE-2015-4872, CVE-2015-4881, CVE-2015-4882, CVE-2015-4883, CVE-2015-4893, CVE-2015-4903, CVE-2015-4911