openSUSE セキュリティ更新:java-1_8_0-openjdk (openSUSE-2015-696)

critical Nessus プラグイン ID 86731
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

java-1_8_0-openjdk が更新され、24 のセキュリティの問題が修正されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2015-4734:リモートユーザーが Embedded JGSS コンポーネントの欠陥を悪用して、データに部分的にアクセスする可能性があります

- CVE-2015-4803:リモートユーザーが JRockit JAXP コンポーネントの欠陥を悪用して、部分的なサービス拒否状態を引き起こす可能性があります

- CVE-2015-4805:リモートユーザーは、Embedded Serialization コンポーネントでの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得できます

- CVE-2015-4806:リモートユーザーは、Java SE Embedded Libraries コンポーネントでの欠陥を悪用して、データに部分的にアクセスし、データを部分的に変更できます

- CVE-2015-4835:リモートユーザーが Embedded CORBA コンポーネントの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得する可能性があります

- CVE-2015-4842:リモートユーザーは、Embedded JAXP コンポーネントでの欠陥を悪用して、データに部分的にアクセスできます

- CVE-2015-4843:リモートユーザーが Java SE Embedded Libraries コンポーネントの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得する可能性があります

- CVE-2015-4844:リモートユーザーは、Embedded 2D コンポーネントでの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得できます

- CVE-2015-4860:リモートユーザーは、Embedded RMI コンポーネントでの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得できます

- CVE-2015-4872:リモートユーザーは、JRockit Security コンポーネントでの欠陥を悪用して、データを部分的に変更できます []。

- CVE-2015-4881:リモートユーザーが Embedded CORBA コンポーネントの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得する可能性があります

- CVE-2015-4882:リモートユーザーは、Embedded CORBA コンポーネントでの欠陥を悪用して、部分的なサービス拒否状態を引き起こすことができます

- CVE-2015-4883:リモートユーザーは、Embedded RMI コンポーネントでの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得できます

- CVE-2015-4893:リモートユーザーが JRockit JAXP コンポーネントの欠陥を悪用して、部分的なサービス拒否状態を引き起こす可能性があります

- CVE-2015-4902:リモートユーザーは、Java SE Deployment コンポーネントでの欠陥を悪用して、データを部分的に変更できます

- CVE-2015-4903:リモートユーザーは、Embedded RMI コンポーネントでの欠陥を悪用して、データに部分的にアクセスできます

- CVE-2015-4911:リモートユーザーが JRockit JAXP コンポーネントの欠陥を悪用して、部分的なサービス拒否状態を引き起こす可能性があります

- CVE-2015-4810:ローカルユーザーは、Java SE Deployment コンポーネントでの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得できます

- CVE-2015-4840:リモートユーザーは、Embedded 2D コンポーネントでの欠陥を悪用して、データに部分的にアクセスできます

- CVE-2015-4868:リモートユーザーが Java SE Embedded Libraries コンポーネントの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得する可能性があります

- CVE-2015-4901:リモートユーザーは、JavaFX コンポーネントでの欠陥を悪用して、昇格された権限を取得できます

- CVE-2015-4906:リモートユーザーが JavaFX コンポーネントの欠陥を悪用して、データに部分的にアクセスする可能性があります

- CVE-2015-4908:リモートユーザーが JavaFX コンポーネントの欠陥を悪用して、データに部分的にアクセスする可能性があります

- CVE-2015-4916:リモートユーザーが JavaFX コンポーネントの欠陥を悪用して、データに部分的にアクセスする可能性があります

ソリューション

影響を受ける java-1_8_0-openjdk パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=951376

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 86731

ファイル名: openSUSE-2015-696.nasl

バージョン: 2.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/11/5

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-accessibility, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-demo-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-headless, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-headless-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_8_0-openjdk-src, cpe:/o:novell:opensuse:13.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2015/10/22

参照情報

CVE: CVE-2015-4734, CVE-2015-4803, CVE-2015-4805, CVE-2015-4806, CVE-2015-4810, CVE-2015-4835, CVE-2015-4840, CVE-2015-4842, CVE-2015-4843, CVE-2015-4844, CVE-2015-4860, CVE-2015-4868, CVE-2015-4872, CVE-2015-4881, CVE-2015-4882, CVE-2015-4883, CVE-2015-4893, CVE-2015-4901, CVE-2015-4902, CVE-2015-4903, CVE-2015-4906, CVE-2015-4908, CVE-2015-4911, CVE-2015-4916