RHEL 6:nss、nss-util、および nspr(RHSA-2015:2068)

critical Nessus プラグイン ID 86910
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

3 つのセキュリティ問題を修正する更新済みの nss、nss-util、および nspr パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 6.2/6.4 Advanced Update Support、および Red Hat Enterprise Linux 6.5/6.6 Extended Update Support で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

ネットワークセキュリティサービス(NSS)は、セキュリティが有効なクライアントおよびサーバーのアプリケーションのクロスプラットフォーム開発をサポートするライブラリセットです。Netscape Portable Runtime(NSPR)により、非 GUI オペレーティングシステム機能がプラットフォームに依存しなくなります。

NSS が特定の ASN.1 構造体を解析する方法に、 use-after-poison の欠陥とヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。攻撃者がこれらの欠陥を利用して、 NSS をクラッシュさせたり、NSS ライブラリに対してコンパイルされたアプリケーションを実行しているユーザーの権限で、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-7181、 CVE-2015-7182)

NSPR にヒープベースのバッファオーバーフローが見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、 NSPR をクラッシュさせたり、NSPR ライブラリに対してコンパイルされたアプリケーションを実行しているユーザーの権限で、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-7183)

注:CVE-2015-7183 の問題を完全に解決するためには、NSPR の PL_ARENA_ALLOCATE、PR_ARENA_ALLOCATE、PL_ARENA_GROW、または PR_ARENA_GROW マクロを使用するアプリケーションを、修正済み nspr パッケージに対して再構築する必要があります。
このエラータには、修正された nspr バージョンに対して再構築された nss および nss-utils パッケージが含まれています。

Red Hat は、Mozilla プロジェクトがこれらの問題を報告してくれたことに感謝の意を表します。Upstream は、Tyson Smith 氏、David Keeler 氏、および Ryan Sleevi 氏を最初の報告者として認めます。

nss、nss-util および nspr の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージにアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:2068

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-7183

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-7182

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-7181

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 86910

ファイル名: redhat-RHSA-2015-2068.nasl

バージョン: 2.16

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/11/18

更新日: 2019/10/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nspr, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nspr-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nspr-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nss, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nss-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nss-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nss-pkcs11-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nss-sysinit, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nss-tools, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nss-util, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nss-util-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:nss-util-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.2, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.4, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/11/18

脆弱性公開日: 2015/11/5

参照情報

CVE: CVE-2015-7181, CVE-2015-7182, CVE-2015-7183

RHSA: 2015:2068