openSUSE セキュリティ更新:xen(openSUSE-2015:-730)

high Nessus プラグイン ID 86961

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

xen は、6 つのセキュリティの問題を修正するために更新されました。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2014-0222:L2 テーブルサイズを検証し、整数オーバーフローを回避します(bsc#877642)。

- CVE-2015-4037:/net/slirp.c における安全でない一時ファイルの使用(bsc#932267)。

- CVE-2015-7835:PV ゲストによる、制御なしでの大きなページマッピングの作成(bsc#950367)。

- CVE-2015-7969:ドメインごとのプロファイルに関連する vcpu ポインター配列の漏洩(DoS)(bsc#950705 bsc#950703)。

- CVE-2015-7971:レート制限のない一部の pmu とプロファイルハイパーコールログ(bsc#950706)。

- CVE-2015-7972:PopulateOnDemand の不適切なバルーンサイズにより、ゲストをクラッシュさせる可能性があります(bsc#951845)。

ソリューション

影響を受ける xen パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=877642

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=932267

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=950367

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=950703

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=950705

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=950706

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=951845

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 86961

ファイル名: openSUSE-2015-730.nasl

バージョン: 2.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/11/20

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:xen, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-doc-html, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-kmp-default, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-kmp-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-libs, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-libs-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-libs-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-libs-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-tools, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-tools-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-tools-domU, p-cpe:/a:novell:opensuse:xen-tools-domU-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:42.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2015/10/31

参照情報

CVE: CVE-2014-0222, CVE-2015-4037, CVE-2015-7835, CVE-2015-7969, CVE-2015-7971, CVE-2015-7972