RHEL 7:squid(RHSA-2015:2378)

low Nessus プラグイン ID 86986
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

1 つのセキュリティの問題と 2 つのバグを修正する更新済みの squid パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中として評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

Squid は Web クライアント向けの高性能プロキシキャッシュサーバーであり、 FTP、Gopher および HTTP データオブジェクトをサポートします。

クライアントファーストの SSL バンプで構成された Squid が、X.509 サーバー証明書のホスト名フィールドを適切に検証していなかったことがわかりました。中間者攻撃者がこの欠陥を利用して、特別に細工された X.509 証明書を使用する Squid サーバーを偽装する可能性があります。(CVE-2015-3455)

この更新は次のバグを修正します :

* 以前、squid プロセスは Simple Network Management Protocol (SNMP)のリクエストを受信する際、ファイルの記述子を適切に処理していませんでした。その結果、プロセスは開いたままのファイル記述子を漸進的に蓄積しました。このバグは修正され、squid は SNMP リクエストを適切に処理し、必要に応じてファイル記述子を閉じるようになりました。
(BZ#1198778)

* システムが高負荷状態な場合、squid プロセスが再起動中にセグメンテーション違反で予期せず終了することがありました。この更新は再起動中のメモリ処理を改善することで、このバグを修正しています。
(BZ#1225640)

squid のユーザーは、これらの更新済みのパッケージへアップグレードし、これらのバグを修正することが推奨されます。この更新のインストール後、squid サービスは自動的に再起動します。

ソリューション

影響を受ける squid、squid-debuginfo、および/または squid-sysvinit パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2015:2378

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3455

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 86986

ファイル名: redhat-RHSA-2015-2378.nasl

バージョン: 2.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/11/20

更新日: 2019/10/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.6

Temporal Score: 1.9

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:squid, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:squid-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:squid-sysvinit, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.2, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.3, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.4, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/11/19

脆弱性公開日: 2015/5/18

参照情報

CVE: CVE-2015-3455

RHSA: 2015:2378