Ubuntu 14.04 LTS: Thunderbird の脆弱性 (USN-2819-1)

critical Nessus プラグイン ID 87168

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

次の人物が Thunderbird における複数のメモリ安全性の問題を発見しました。Christian Holler 氏、David Major 氏、Jesse Ruderman 氏、Tyson Smith 氏、Boris Zbarsky 氏、Randell Jesup 氏、Olli Pettay 氏、Karl Tomlinson 氏、Jeff Walden 氏、Gary Kwong 氏。ユーザーが騙されて、特別に細工されたメッセージを開くと、攻撃者は、これらを悪用して、アプリケーションのクラッシュによるサービス拒否を引き起こす可能性や、Thunderbird を呼び出すユーザーの権限で、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-4513)

Tyson Smith 氏および David Keeler 氏は、NSS に use-after-poison およびバッファオーバーフローを発見しました。攻撃者がこれらを悪用して、アプリケーションのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、Thunderbird を起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2015-7181、CVE-2015-7182)

Ryan Sleevi 氏は、NSPR に整数オーバーフローを発見しました。攻撃者が、これを悪用して、アプリケーションのクラッシュによりサービス拒否を引き起こしたり、Thunderbird を起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2015-7183)

Michal Bentkowski 氏は、IP アドレスであるホスト名に空白を追加することで、同一生成元保護をバイパスできることを発見しました。ユーザーが騙されて、ブラウザ型のコンテキストで特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用して、クロスサイトスクリプティング (XSS) 攻撃を仕掛ける可能性があります。(CVE-2015-7188)

Looben Yang 氏は、ある状況で canvas 要素を使ってスクリプトとやり取りする際のバッファオーバーフローを発見しました。ユーザーが騙されて、ブラウザ型のコンテキストで特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用して、アプリケーションのクラッシュを介してサービス拒否を引き起こしたり、Thunderbird を起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-7189)

Shinto K Anto 氏は、ある状況で非標準の Content-Type ヘッダーを受信すると CORS プリフライトがバイパスされることを発見しました。ユーザーが騙されて、ブラウザ型のコンテキストで特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用し、同一生成元の制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2015-7193)

Gustavo Grieco 氏は、ある状況におけるlibjar でバッファオーバーフローを発見しました。ユーザーが騙されて、ブラウザ型のコンテキストで特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用して、アプリケーションのクラッシュを介してサービス拒否を引き起こしたり、Thunderbird を起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-7194)

Ehsan Akhgari 氏は、Web ソケットに対するセキュア要件をバイパスする Web Worker のメカニズムを発見しました。ユーザーが騙されて、ブラウザ型のコンテキストで特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者がこれを悪用し、混合コンテンツの Web ソケットポリシーをバイパスする可能性があります。
(CVE-2015-7197)

Ronald Crane 氏は、コード検査によっていくつかの脆弱性を発見しました。ユーザーが騙されて、ブラウザ型のコンテキストで特別に細工された Web サイトを開くと、攻撃者はこれらを悪用し、アプリケーションのクラッシュによるサービス拒否を起こしたり、Thunderbird を起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2015-7198、CVE-2015-7199、CVE-2015-7200)。

注意: Tenable Network Security は、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenable では、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://ubuntu.com/security/notices/USN-2819-1

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 87168

ファイル名: ubuntu_USN-2819-1.nasl

バージョン: 2.17

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/12/2

更新日: 2023/10/23

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2015-7200

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2015-7182

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-globalmenu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-gnome-support, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-af, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ar, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ast, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-be, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-bg, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-bn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-bn-bd, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-br, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ca, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-cs, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-cy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-da, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-de, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-dsb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-el, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-en, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-en-gb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-en-us, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-es, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-es-ar, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-es-es, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-et, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-eu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-fi, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-fr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-fy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-fy-nl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ga, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ga-ie, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-gd, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-gl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-he, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-hr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-hsb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-hu, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-hy, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-id, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-is, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-it, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ja, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ka, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ko, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-lt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-mk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nb, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nb-no, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-nn-no, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pa, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pa-in, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pt-br, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-pt-pt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-rm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ro, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ru, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-si, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sq, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sv, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-sv-se, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ta, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-ta-lk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-tr, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-uk, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-vi, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-zh-cn, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-zh-hans, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-zh-hant, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-locale-zh-tw, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-mozsymbols, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird-testsuite, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xul-ext-calendar-timezones, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xul-ext-gdata-provider, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:xul-ext-lightning, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/12/1

脆弱性公開日: 2015/11/5

参照情報

CVE: CVE-2015-4513, CVE-2015-7181, CVE-2015-7182, CVE-2015-7183, CVE-2015-7188, CVE-2015-7189, CVE-2015-7193, CVE-2015-7194, CVE-2015-7197, CVE-2015-7198, CVE-2015-7199, CVE-2015-7200

USN: 2819-1