Ubuntu 15.04:linux の脆弱性(USN-2829-1)

medium Nessus プラグイン ID 87216

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Linux カーネルの SCTP プロトコル実装が、プロトコルの初期化手順で不正なシーケンスを実行していたことが分かりました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-5283)

Dmitry Vyukov が、 Linux カーネルのキーリングハンドラーが不完全に初期化されたキーをガベージコレクトしようとすることを見つけました。権限のないローカルの攻撃者が、この欠陥を利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-7872)。

ソリューション

影響を受ける linux-image-3.19.0-39-generic 、 linux-image-3.19.0-39-generic-lpae、linux-image-3.19.0-39-lowlatency の全てまたはいずれかのパッケージを更新します。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/2829-1/

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 87216

ファイル名: ubuntu_USN-2829-1.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/12/7

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.7

Temporal Score: 3.5

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.19-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.19-generic-lpae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.19-lowlatency, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:15.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/12/4

脆弱性公開日: 2015/10/19

参照情報

CVE: CVE-2015-5283, CVE-2015-7872

USN: 2829-1