MS KB3119147:Internet Explorer および Microsoft Edge における Adobe Flash Player での脆弱性に対する更新

critical Nessus プラグイン ID 87249
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Windows ホストには、複数の脆弱性による影響を受けるブラウザプラグインがインストールされています。

説明

リモートの Windows ホストに、KB3119147 がありません。したがって、次の複数の脆弱性の影響を受けます:
- 複数のヒープバッファオーバーフローの状態が存在するため、攻撃者は任意のコードを実行できます。
(CVE-2015-8438、 CVE-2015-8446)

- 複数のメモリ破損の問題が存在するため、攻撃者が任意のコードを実行できる可能性があります。CVE-2015-8045、CVE-2015-8047、CVE-2015-8060、CVE-2015-8408、CVE-2015-8416、CVE-2015-8417、CVE-2015-8418、CVE-2015-8419、CVE-2015-8443、CVE-2015-8444、CVE-2015-8451、CVE-2015-8455

- 複数のセキュリティバイパスの脆弱性が存在し、攻撃者がユーザーの権限で任意のデータをファイルシステムに書き込む可能性があります。(CVE-2015-8453、 CVE-2015-8440、CVE-2015-8409)

- スタックバッファオーバーフローの状態が存在するため、攻撃者が任意のコードを実行できます。(CVE-2015-8407、 CVE-2015-8457)

- 攻撃者に任意のコードの実行を可能にさせる型の取り違え(Type Confusion)エラーが存在します。(CVE-2015-8439、 CVE-2015-8456)

- 整数オーバーフロー状態が存在し、攻撃者が任意のコードを実行できます。(CVE-2015-8445)

- バッファオーバーフローの状態が存在するため、攻撃者が任意のコードを実行できます。(CVE-2015-8415)

- 複数の use-after-free エラーが存在するため、攻撃者が任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2015-8048、 CVE-2015-8049、 CVE-2015-8050、 CVE-2015-8055、 CVE-2015-8056、 CVE-2015-8057、 CVE-2015-8058、 CVE-2015-8059、 CVE-2015-8061、 CVE-2015-8062、 CVE-2015-8063、 CVE-2015-8064、 CVE-2015-8065、 CVE-2015-8066、 CVE-2015-8067、 CVE-2015-8068、 CVE-2015-8069、 CVE-2015-8070、 CVE-2015-8071、 CVE-2015-8401、 CVE-2015-8402、 CVE-2015-8403、 CVE-2015-8404、 CVE-2015-8405、 CVE-2015-8406、 CVE-2015-8410、 CVE-2015-8411、 CVE-2015-8412、 CVE-2015-8413、 CVE-2015-8414、 CVE-2015-8420、 CVE-2015-8421、 CVE-2015-8422、 CVE-2015-8423、 CVE-2015-8424、 CVE-2015-8425、 CVE-2015-8426、 CVE-2015-8427、 CVE-2015-8428、 CVE-2015-8429、 CVE-2015-8430、 CVE-2015-8431、 CVE-2015-8432、 CVE-2015-8433、 CVE-2015-8434、 CVE-2015-8435、 CVE-2015-8436、 CVE-2015-8437、 CVE-2015-8441、 CVE-2015-8442、 CVE-2015-8447、 CVE-2015-8448、 CVE-2015-8449、 CVE-2015-8450、 CVE-2015-8452、 CVE-2015-8454)

ソリューション

Microsoft KB3119147 をインストールしてください。

関連情報

https://helpx.adobe.com/security/products/flash-player/apsb15-27.html

https://support.microsoft.com/en-us/help/3119147/microsoft-security-advisory-update-for-vulnerabilities-in-adobe-flash

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 87249

ファイル名: smb_kb3119147.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2015/12/8

更新日: 2019/11/20

依存関係: smb_hotfixes.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-8457

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:flash_player

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated, SMB/WindowsVersion

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2015/12/8

脆弱性公開日: 2015/12/8

参照情報

CVE: CVE-2015-8045, CVE-2015-8047, CVE-2015-8048, CVE-2015-8049, CVE-2015-8050, CVE-2015-8054, CVE-2015-8055, CVE-2015-8056, CVE-2015-8057, CVE-2015-8058, CVE-2015-8059, CVE-2015-8060, CVE-2015-8061, CVE-2015-8062, CVE-2015-8063, CVE-2015-8064, CVE-2015-8065, CVE-2015-8066, CVE-2015-8067, CVE-2015-8068, CVE-2015-8069, CVE-2015-8070, CVE-2015-8071, CVE-2015-8401, CVE-2015-8402, CVE-2015-8403, CVE-2015-8404, CVE-2015-8405, CVE-2015-8406, CVE-2015-8407, CVE-2015-8408, CVE-2015-8409, CVE-2015-8410, CVE-2015-8411, CVE-2015-8412, CVE-2015-8413, CVE-2015-8414, CVE-2015-8415, CVE-2015-8416, CVE-2015-8417, CVE-2015-8418, CVE-2015-8419, CVE-2015-8420, CVE-2015-8421, CVE-2015-8422, CVE-2015-8423, CVE-2015-8424, CVE-2015-8425, CVE-2015-8426, CVE-2015-8427, CVE-2015-8428, CVE-2015-8429, CVE-2015-8430, CVE-2015-8431, CVE-2015-8432, CVE-2015-8433, CVE-2015-8434, CVE-2015-8435, CVE-2015-8436, CVE-2015-8437, CVE-2015-8438, CVE-2015-8439, CVE-2015-8440, CVE-2015-8441, CVE-2015-8442, CVE-2015-8443, CVE-2015-8444, CVE-2015-8445, CVE-2015-8446, CVE-2015-8447, CVE-2015-8448, CVE-2015-8449, CVE-2015-8450, CVE-2015-8451, CVE-2015-8452, CVE-2015-8453, CVE-2015-8454, CVE-2015-8455, CVE-2015-8456, CVE-2015-8457

BID: 78710, 78712, 78713, 78714, 78715, 78716, 78717, 78718, 78802

MSKB: 3119147