MS15-129:リモートコードの実行に対応するための Silverlight 向けセキュリティの更新(3106614)(Mac OS X)

high Nessus プラグイン ID 87251
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Mac OS X ホストにインストールされているマルチメディアアプリケーションフレームワークは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Mac OS X ホストにインストールされている Microsoft Silverlight のバージョンは、次の脆弱性の影響を受けます:

- メモリ内のオブジェクトを適切に処理できないことが原因で、複数の情報漏洩脆弱性が存在します。
攻撃者が細工された Silverlight コンテンツを介してこれらの問題を悪用し、ポインターの値をより正確に予測してアドレス空間配置のランダム化(ASLR)セキュリティ機能の効果をデグレードさせる可能性があります。これにより、システムがさらに危険になります。
(CVE-2015-6114、 CVE-2015-6165)

- 特定の open および close リクエストの不適切な処理により、リモートコードの実行の脆弱性が存在します。これにより、読み取りおよび書き込みアクセス違反が引き起こされます。リモートの攻撃者が特別に細工された Silverlight アプリケーションを介してこの脆弱性を悪用し、権限を取得し影響を受けたホストを完全に制御できるようになる可能性があります。(CVE-2015-6166)

ソリューション

Microsoft は、Silverlight 5 用の一連のパッチをリリースしています。

関連情報

http://technet.microsoft.com/en-us/security/bulletin/ms15-129

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 87251

ファイル名: macosx_ms15-129.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2015/12/8

更新日: 2018/7/14

依存関係: macosx_silverlight_installed.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:silverlight

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/MacOSX/Version, MacOSX/Silverlight/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/12/8

脆弱性公開日: 2015/12/8

参照情報

CVE: CVE-2015-6114, CVE-2015-6165, CVE-2015-6166

MSFT: MS15-129

MSKB: 3106614