Amazon Linux AMI:openssl(ALAS-2015-614)

high Nessus プラグイン ID 87340

概要

リモート Amazon Linux AMI ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

OpenSSL が RSA PSS アルゴリズムを使用して署名を検証する方法で、 NULL ポインターデリファレンス欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を悪用し、クライアント認証が有効な場合、 OpenSSL を使用する TLS/SSL クライアントや TLS/SSL サーバーをクラッシュさせる恐れがあります。
(CVE-2015-3194)

OpenSSL が PKCS#7 および CMS データをパースする方法で、メモリ漏洩脆弱性が見つかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、アプリケーションに信頼できないソースからの PKCS#7 および CMS データをパースさせ、過剰なメモリを使用しクラッシュを引き起こす恐れがあります。(CVE-2015-3195)

事前共有キー(PSK)がヒントを識別することを OpenSSL が処理する方法で、二重解放につながる競合状態欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、 OpenSSL を使用するマルチスレッド SSL/TLS クライアントをクラッシュさせる恐れがあります。(CVE-2015-3196)

ソリューション

「yum update openssl」を実行してシステムを更新してください。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2015-614.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 87340

ファイル名: ala_ALAS-2015-614.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2015/12/15

更新日: 2018/4/18

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:openssl, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-perl, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-static, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

パッチ公開日: 2015/12/14

参照情報

CVE: CVE-2015-3194, CVE-2015-3195, CVE-2015-3196

ALAS: 2015-614