FreeBSD:samba -- 複数の脆弱性(ef434839-a6a4-11e5-8275-000c292e4fd8)

high Nessus プラグイン ID 87514
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新が見つかりません。

説明

Samba チームの報告:

[CVE-2015-3223] 悪意のあるリクエストにより、使用中の CPU をスピンさせることで、Samba LDAP サーバーがハングする可能性があります。

[CVE-2015-5330] 悪意のあるリクエストにより、Samba LDAP サーバーが、返信の一部とすべきでない、初期化されていないメモリを返す可能性があります。

[CVE-2015-5296] 中間者攻撃を防ぐように接続を設定する場合、暗号化をリクエストする際に、署名もリクエストする必要があります。

[CVE-2015-5299] VFS shadow_copy2 モジュールでアクセスコントロールのチェックが行われていないため、認証されていないユーザーが、スナップショットにアクセスできる可能性があります。

[CVE-2015-7540] 悪意のあるリクエストにより、Samba LDAP サーバーがクラッシュを返す可能性があります。

[CVE-2015-8467] Samba は、複数のマシンアカウントを作成することで、Windows DC を MS15-096 のサービス拒否に導く可能性があります(この Microsoft 問題は CVE-2015-2535 です)。

[CVE-2015-5252] symlink の検証が不十分なため、共有パスの外部でデータアクセスが可能になる場合があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2015-3223.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2015-5252.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2015-5296.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2015-5299.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2015-5330.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2015-7540.html

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2015-8467.html

http://www.nessus.org/u?3811beb1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 87514

ファイル名: freebsd_pkg_ef434839a6a411e58275000c292e4fd8.nasl

バージョン: 2.11

タイプ: local

公開日: 2015/12/21

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:ldb, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba36, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba4, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba41, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba42, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:samba43, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

パッチ公開日: 2015/12/19

脆弱性公開日: 2015/12/16

参照情報

CVE: CVE-2015-3223, CVE-2015-5252, CVE-2015-5296, CVE-2015-5299, CVE-2015-5330, CVE-2015-7540, CVE-2015-8467