Oracle Linux 5/6:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2016-3502)

medium Nessus プラグイン ID 87835
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

変更内容の説明:

[2.6.39-400.264.13.el6uek]
- KEYS:新しいキーリングを構築する request_key を許可しません(David Howells 氏)[Orabug:22373449] {CVE-2015-7872}

[2.6.39-400.264.12.el6uek]
- crypto:欠落している crypto モジュールエイリアスを追加します(Mathias Krause 氏)[Orabug:22249656] {CVE-2013-7421} {CVE-2014-9644}
- crypto:crypto- モジュールプレフィックスをテンプレートに含みます(Kees Cook 氏)[Orabug:22249656] {CVE-2013-7421} {CVE-2014-9644}
- crypto:「crypto-」によるプレフィックスモジュール自動ローディング(Kees Cook 氏)[Orabug:22249656] {CVE-2013-7421} {CVE-2014-9644}

[2.6.39-400.264.11.el6uek]
- KVM:x86:ゲストユーザー空間エミュレーションエラーをユーザー空間にレポートしません(Nadav Amit 氏)[Orabug:22249615] {CVE-2010-5313} {CVE-2014-7842}

[2.6.39-400.264.9.el6uek]
-「ipc_addid() の実行前に msg/shm IPC オブジェクトを初期化」を適用した後に誤ったスポットで msg_unlock() を実行します(Chuck Anderson 氏)[Orabug:22250044] {CVE-2015-7613} {CVE-2015-7613}

[2.6.39-400.264.8.el6uek]
- ipc/sem.c:sem_array を完全に初期化してから可視化します(Manfred Spraul 氏)[Orabug:22250044] {CVE-2015-7613}
- ipc_addid() の実行前に msg/shm IPC オブジェクトを初期化します(Linus Torvalds 氏)[Orabug:22250044] {CVE-2015-7613}

[2.6.39-400.264.7.el6uek]
- KVM:svm:無条件に #DB を傍受します(Paolo Bonzini 氏)[Orabug:22333698] {CVE-2015-8104} {CVE-2015-8104}
- KVM:x86: #AC 配信時のマイクロコードの無限ループを回避します(Eric Northup 氏)[Orabug:22333689] {CVE-2015-5307} {CVE-2015-5307}

[2.6.39-400.264.6.el6uek]
- mlx4_core:PD 更新の制限を導入します(Ajaykumar Hotchandani 氏)- IPoIB:ipoib_send() を呼び出す前に priv->lock をドロップします(Wengang Wang 氏)- IPoIB:tx_outstanding の変更をシリアル化します(Wengang Wang 氏)[Orabug:21861366] - IB/mlx4:IB_QP_CREATE_USE_GFP_NOIO を実装します(Jiri Kosina 氏)- IB:QP 作成フラグを追加し、GFP_NOIO 割り当てを使用します(Or Gerlitz 氏)- IB:未サポートの QP 作成フラグにエラーを返します(Or Gerlitz 氏)- IB/ipoib:skb->ip_summed が CHECKSUM_PARTIAL の場合のみ csum を計算します(Yuval Shaia 氏)[Orabug:20873175]

ソリューション

影響を受ける Unbreakable Enterprise Kernel パッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2016-3502.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 87835

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2016-3502.nasl

バージョン: 2.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/1/11

更新日: 2021/9/8

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2015-7613

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:5, cpe:/o:oracle:linux:6, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/1/8

脆弱性公開日: 2014/11/13

参照情報

CVE: CVE-2010-5313, CVE-2013-7421, CVE-2014-7842, CVE-2014-9644, CVE-2015-5307, CVE-2015-7613, CVE-2015-7872, CVE-2015-8104

IAVA: 2015-A-0286-S, 2016-A-0024-S, 2015-A-0239-S, 2016-A-0188-S