Janitza の複数の UMG デバイスのリモートデバッグインターフェイスの RCE

high Nessus プラグイン ID 87891

概要

リモートホストに露出しているデバッグサービスがあり、システム機能が利用可能です。

説明

リモートホストに、保護されていないデバッグインターフェイスがあります。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、システムコマンドおよび JASIC コードを実行する可能性があります。

ソリューション

ベンダーの Web サイトから利用可能な実験的なファームウェアバージョンにアップグレードしてください。あるいは、ベンダードキュメントごとのファイアウォールを備えた必須でない安全なポートにします。

関連情報

http://www.nessus.org/u?3e5abea9

https://www.janitza.com/experimental-downloads.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 87891

ファイル名: scada_janitza_debug_svc.nbin

バージョン: 1.52

タイプ: remote

ファミリー: SCADA

公開日: 2016/1/13

更新日: 2022/8/15

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.3

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/h:janitza:umg_508, cpe:/h:janitza:umg_509, cpe:/h:janitza:umg_511, cpe:/h:janitza:umg_604, cpe:/h:janitza:umg_605

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2015/9/21

脆弱性公開日: 2015/10/22

参照情報

CVE: CVE-2015-3971

BID: 77291