SUSE SLED12 / SLES12 セキュリティ更新: mariadb (SUSE-SU-2016:0121-1)

high Nessus プラグイン ID 87964

概要

リモート SuSE ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

MariaDB はバージョン 10.0.22 に更新され、これは多数のセキュリティ問題と他の改善を提供します。

以下の CVE は修正されました:

- 10.0.22:CVE-2015-4802、CVE-2015-4807、CVE-2015-4815、CVE-2015-4826、CVE-2015-4830、CVE-2015-4836、CVE-2015-4858、CVE-2015-4861、CVE-2015-4870、CVE-2015-4913、CVE-2015-4792

- 10.0.21:CVE-2015-4816、CVE-2015-4819、CVE-2015-4879、CVE-2015-4895

以下のセキュリティ問題に関連しないバグが修正されています:

- rc.mysql-multi スクリプトを修正して、再起動後にインスタンスを適切に起動するようにします。(bsc#934401)

- rc.mysql-multi スクリプトを修正して、クラッシュ後に再起動するようにします。
(bsc#937258)

変更の包括的なリストについては、Upstream リリースノートと変更ログドキュメントを参照してください:

- https://kb.askmonty.org/en/mariadb-10022-release-notes/

- https://kb.askmonty.org/en/mariadb-10021-release-notes/

- https://kb.askmonty.org/en/mariadb-10022-changelog/

- https://kb.askmonty.org/en/mariadb-10021-changelog/

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを SUSE セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

この SUSE セキュリティ更新をインストールするには、YaST online_update を使用してください。
または、お使いの製品用に一覧になったコマンドを実行することも可能です。

SUSE Linux Enterprise ワークステーション拡張 12 :

zypper in -t patch SUSE-SLE-WE-12-2016-87=1

SUSE Linux Enterprise ソフトウェア開発キット 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-2016-87=1

SUSE Linux Enterprise サーバー 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-2016-87=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-DESKTOP-12-2016-87=1

お使いのシステムを最新の状態にするには、「zypper パッチ」を使用してください。

参考資料

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4816/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4819/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4826/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4830/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4836/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4858/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4861/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4870/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4879/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4895/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4913/

http://www.nessus.org/u?9391e6e6

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=934401

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=937258

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=937343

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=937787

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=958789

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=958790

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4792/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4802/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4807/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-4815/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 87964

ファイル名: suse_SU-2016-0121-1.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/1/18

更新日: 2021/1/6

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmysqlclient18, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmysqlclient18-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libmysqlclient_r18, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mariadb, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mariadb-client, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mariadb-client-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mariadb-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mariadb-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mariadb-errormessages, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mariadb-tools, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mariadb-tools-debuginfo, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/1/14

脆弱性公開日: 2015/10/21

参照情報

CVE: CVE-2015-4792, CVE-2015-4802, CVE-2015-4807, CVE-2015-4815, CVE-2015-4816, CVE-2015-4819, CVE-2015-4826, CVE-2015-4830, CVE-2015-4836, CVE-2015-4858, CVE-2015-4861, CVE-2015-4870, CVE-2015-4879, CVE-2015-4895, CVE-2015-4913