Oracle WebLogic Portal Apache Commons ファイルアップロード(2016 年 1 月 CPU)

high Nessus プラグイン ID 88086

概要

リモートホストにインストールされているアプリケーションサーバーは、任意のファイルアップロードの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle WebLogic Portal のバージョンには、2016 年 1 月 Critical Patch Update(CPU)からのセキュリティパッチがありません。このため、バンドルされた Apache Commons ライブラリで、ファイルアップロードの脆弱性の影響を受けます。DiskFileItem クラスに、NULL 文字を処理する際に発生する欠陥が存在します。リモートの攻撃者が、これを悪用して、DiskFileItem クラスのシリアル化されたインスタンスを通じて、任意のファイルをアップロードする可能性があります。

ソリューション

January 2016 Oracle Critical Patch Updateアドバイザリに従い、適切なパッチを適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?cf53dcd7

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 88086

ファイル名: oracle_weblogic_portal_cpu_jan_2016.nbin

バージョン: 1.427

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Misc.

公開日: 2016/1/22

更新日: 2024/6/13

設定: 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:fusion_middleware, cpe:/a:oracle:weblogic_portal

必要な KB アイテム: installed_sw/Oracle WebLogic Portal

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/1/19

脆弱性公開日: 2013/6/16

参照情報

CVE: CVE-2013-2186

BID: 63174