openSUSE セキュリティ更新:libxml2(openSUSE-2016-32)

high Nessus プラグイン ID 88122
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

- セキュリティ更新:この更新は次のセキュリティ問題を修正します:

- CVE-2015-1819 リーダーがコンスタントメモリで実行されるように強制します [bnc#928193]

- CVE-2015-7941 エンティティ境界エラーの解析を停止することで、細工された xml 入力の領域外読み取りを修正します [bnc#951734]

- CVE-2015-7942 条件付きセクションでの別の種類のオーバーフローを修正します [bnc#951735]

- CVE-2015-8241 EOF でマーク付け宣言(MarkupDecl)の過剰な処理を回避します [bnc#956018]

- CVE-2015-8242 プッシュモードでの HTML パーサーのバッファオーバーリード [bnc#956021]

- CVE-2015-8317 エンコーディング宣言が破損した場合、またはエンコーディング変換が失敗した場合に返します [bnc#956260]

- CVE-2015-5312 別のエンティティ拡張の問題を修正します [bnc#957105]

- CVE-2015-7497 xmlDictComputeFastQKey でのヒープバッファオーバーフローを回避します [bnc#957106]

- CVE-2015-7498 エンコーディング変換失敗後にエンティティを処理します [bnc#957107]

- CVE-2015-7499 xmlHaltParser() を追加してパーサーを停止します/GROW の非干渉性を検出します [bnc#957109]

- CVE-2015-8317 複数の領域外読み取りにより、サービス拒否が引き起こされる可能性があります [bnc#956260]

- CVE-2015-8035 XZ サポートが有効な場合に特別に細工された XML ドキュメントを解析する際の DoS [bnc#954429]

- CVE-2015-7500 不適切なエンティティ境界によるメモリアクセスエラーを修正 [bnc#957110] この更新は SUSE:SLE-12:Update 更新プロジェクトからインポートされました。

ソリューション

影響を受ける libxml2 パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=928193

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=951734

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=951735

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=954429

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=956018

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=956021

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=956260

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=957105

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=957106

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=957107

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=957109

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=957110

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 88122

ファイル名: openSUSE-2016-32.nasl

バージョン: 2.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/1/25

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-2, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-2-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-2-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-devel-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-tools, p-cpe:/a:novell:opensuse:libxml2-tools-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:python-libxml2, p-cpe:/a:novell:opensuse:python-libxml2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:python-libxml2-debugsource, cpe:/o:novell:opensuse:42.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2016/1/13

参照情報

CVE: CVE-2015-1819, CVE-2015-5312, CVE-2015-7497, CVE-2015-7498, CVE-2015-7499, CVE-2015-7500, CVE-2015-7941, CVE-2015-7942, CVE-2015-8035, CVE-2015-8241, CVE-2015-8242, CVE-2015-8317