Oracle Linux 6/7:ntp(ELSA-2016-0063)

medium Nessus プラグイン ID 88167

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2016:0063 から:

1 つのセキュリティ問題を修正する更新済みの ntp パッケージが Red Hat Enterprise Linux 6 と 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

ネットワークタイムプロトコル(NTP)は、コンピューターの時刻と参照される時刻ソースを同期させるために使用されます。

クライアントとしての ntpd が、受信パケットの元のタイムスタンプを適切にチェックしないことが判明しました。リモートの攻撃者がこの欠陥を利用して、細工されたパケットを ntpd クライアントに送信してサーバーとの同期を効果的に無効にしたり、クライアント上で任意のオフセット/遅延測定をプッシュして時間を変更したりする可能性があります。
(CVE-2015-8138)

ntp の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、この問題を解決することが推奨されます。更新のインストール後、 ntpd デーモンが自動的に再起動します。

ソリューション

影響を受ける ntp パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2016-January/005716.html

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2016-January/005717.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 88167

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2016-0063.nasl

バージョン: 2.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/1/26

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:ntp, p-cpe:/a:oracle:linux:ntp-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:ntp-perl, p-cpe:/a:oracle:linux:ntpdate, p-cpe:/a:oracle:linux:sntp, cpe:/o:oracle:linux:6, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/1/25

脆弱性公開日: 2017/1/30

参照情報

CVE: CVE-2015-8138

RHSA: 2016:0063