Oracle MySQL 5.5.x < 5.5.47 の複数の脆弱性(2016 年 1 月 CPU)(2016 年 4 月 CPU)

high Nessus プラグイン ID 88380

概要

リモートホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートホストにインストールされている Oracle MySQL のバージョンは、 5.5.47 より前の 5.5.x です。したがって、次の脆弱性の影響を受けます:

Server : Options サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在し、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-0505)

- Client サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在し、ローカルの攻撃者が昇格された権限を取得する可能性があります。(CVE-2016-0546)

- Server : DML サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在し、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-0596)

- Server : Optimizer サブコンポーネントに詳細不明な複数の欠陥が存在し、
認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2016-0597、 CVE-2016-0598、CVE-2016-0616)

- Server : InnoDB サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在し、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-0600)

- Security : Encryption サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在し、
認証されたリモートの攻撃者が完全性に影響を及ぼす可能性があります。(CVE-2016-0606、CVE-2016-0609)

- Server : UDF サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在するため、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こすことが可能です。(CVE-2016-0608)

- Optimizer サブコンポーネントに詳細不明な欠陥が存在するため、認証されたリモートの攻撃者がサービス拒否状態を引き起こすことが可能です。(CVE-2016-0651)
- デフォルトのデータベースが変更された際に、準備されたステートメントが繰り返し実行されることが原因で、サービス拒否の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用し、サーバーを終了させる可能性があります。(VulnDB 131599)

- メインテーブルのインデックス付きカラムから選択するサブクエリ上で、ALL 比較演算子を使用して表示を更新するときに発生する、サービス拒否の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者が、これを悪用して、サーバーを終了させ、サービス拒否状態を引き起こす可能性があります。(VulnDB 131610)

- strcpy() および sprintf() 関数へのユーザー提供入力の不適切な検証により、リモートコードの実行の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者が、これを悪用して、サービス拒否状態または任意のコードの実行につながるバッファオーバーフローを引き起こす可能性があります。(VulnDB 131612)

- FLUSH PRIVILEGES および REVOKE または GRANT 文を同時に処理するときに発生する、サービス拒否の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者が、これを悪用して、プロキシユーザー情報への無効なメモリアクセスを引き起こすことで、サーバーを終了させる可能性があります。(VulnDB 131614)

- ORDER BY 節がカラム位置を参照するように準備されたステートメントの 2 度目の実行で引き起こされる、サービス拒否の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用し、サーバーを終了させる可能性があります。(VulnDB 131615)

ソリューション

MySQL バージョン 5.5.47 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?10ceb1c6

http://www.nessus.org/u?ae0f7f52

https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.5/en/news-5-5-47.html

https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=2096144.1

https://support.oracle.com/rs?type=doc&id=2120034.1

http://www.nessus.org/u?d13bbe45

http://www.nessus.org/u?ffb7b96f

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 88380

ファイル名: mysql_5_5_47_rpm.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Databases

公開日: 2016/1/26

更新日: 2020/6/3

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-0546

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:mysql, p-cpe:/a:amazon:linux:mysql, p-cpe:/a:centos:centos:mysql, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:mysql, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:mysql, p-cpe:/a:novell:opensuse:mysql, p-cpe:/a:novell:suse_linux:mysql, p-cpe:/a:oracle:linux:mysql, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:mysql

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/1/19

脆弱性公開日: 2015/12/7

参照情報

CVE: CVE-2016-0505, CVE-2016-0546, CVE-2016-0596, CVE-2016-0597, CVE-2016-0598, CVE-2016-0600, CVE-2016-0606, CVE-2016-0608, CVE-2016-0609, CVE-2016-0616, CVE-2016-0651