Ubuntu 14.04 LTS:linux-lts-wily 脆弱性(USN-2890-2)

critical Nessus プラグイン ID 88525

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Linux カーネルの AF_UNIX 実装に use-after-free の脆弱性が存在することが判明しました。ローカルの攻撃者が、細工された epoll_ctl 呼び出しを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、機密情報を漏洩させる可能性があります。(CVE-2013-7446)

Linux カーネルの KVM 実装が、Programmable Interrupt Timer(PIT)の値を適切に復元しないことが判明しました。KVM ゲストのユーザーの支援を受けた攻撃者が、ホストでサービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-7513)

Linux カーネルのキーリングサブシステムに、読み取りと呼び出しの競合があることが判明しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-7550)

Sasha Levin 氏は、Linux カーネルの Reliable Datagram Sockets(RDS)実装に、ソケットがバインドされているかどうかをチェックするときに競合状態があることを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-7990)

Linux カーネルの Btrfs 実装が、切り捨て時の圧縮されたインラインの残りを不適切に処理することが判明しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を利用して、機密情報を漏洩させる可能性があります。
(CVE-2015-8374)

Guoyong Gang 氏は、Linux カーネルのネットワーキング実装が、特定のプロトコルファミリーのプロトコル識別子を検証しないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、管理者権限を取得する可能性があります。
(CVE-2015-8543)

Dmitry Vyukov 氏は、Linux カーネルの pptp 実装が、ソケットの設定時にアドレス長を検証しないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、アプリケーションを細工し、カーネルメモリから機密情報を漏洩させる可能性があります。(CVE-2015-8569)

David Miller 氏は、Linux カーネルの Bluetooth 実装が、Synchronous Connection-Oriented(SCO)ソケットのソケットアドレス長を適切に検証しないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を利用して、機密情報を漏洩させる可能性があります。(CVE-2015-8575)

netfilter Network Address Translation(NAT)実装が、IPv4 アドレスを処理する際にデータ構造が初期化されるようにしないことが判明しました。攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-8787)。

注意:Tenable Network Security は、前述の説明ブロックを Ubuntu セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける linux-image-4.2.0-27-generic 、 linux-image-4.2.0-27-generic-lpae、linux-image-4.2.0-27-lowlatency の全てまたはいずれかのパッケージを更新します。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/2890-2/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 88525

ファイル名: ubuntu_USN-2890-2.nasl

バージョン: 2.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/2/2

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.2-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.2-generic-lpae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-4.2-lowlatency, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/2/1

脆弱性公開日: 2015/12/28

参照情報

CVE: CVE-2013-7446, CVE-2015-7513, CVE-2015-7550, CVE-2015-7990, CVE-2015-8374, CVE-2015-8543, CVE-2015-8569, CVE-2015-8575, CVE-2015-8787

USN: 2890-2