openSUSE セキュリティ更新:Chromium(openSUSE-2016-221)

high Nessus プラグイン ID 88826

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Chromium 48.0.2564.109 へのこの更新は、次の問題を修正します:

セキュリティ問題(boo#965999):

- CVE-2016-1622:拡張の同一生成元バイパス

- CVE-2016-1623:DOM の同一生成元バイパス

- CVE-2016-1624:Brotli のバッファオーバーフロー

- CVE-2016-1625:Chrome Instant のナビゲーションバイパス

- CVE-2016-1626:PDFium における領域外読み取り

- CVE-2016-1627:内部監査、ファジング、その他のイニシアチブからの様々な修正

非セキュリティバグの修正:

- boo#965738:システムライブラリに対して構築された場合に発生する、特定のオンラインバンキングサイトの問題を解決します

- boo#966082:chromium:サンドボックス関連のスタックトレースの表示

- boo#965566:libva サポートのドロップ

- libjpeg 関連のグラフィック問題を防止します

- KDE 5 では、kwallet5 がデフォルトのパスワードストアとなっています

ソリューション

影響を受ける Chromium パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=965566

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=965738

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=965999

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=966082

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 88826

ファイル名: openSUSE-2016-221.nasl

バージョン: 2.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/2/18

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromedriver-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-desktop-gnome, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-desktop-kde, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-ffmpegsumo, p-cpe:/a:novell:opensuse:chromium-ffmpegsumo-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:13.2, cpe:/o:novell:opensuse:42.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

パッチ公開日: 2016/2/17

参照情報

CVE: CVE-2016-1622, CVE-2016-1623, CVE-2016-1624, CVE-2016-1625, CVE-2016-1626, CVE-2016-1627