Fortinet FortiWeb 5.1.2 < 5.3.5 オートラーン構成の複数の XSS

medium Nessus プラグイン ID 88842

概要

複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性で、リモートホストが影響を受けます。

説明

リモート FortiWeb デバイスが、5.1.2 以降および 5.3.5 より前のバージョンのソフトウェアを実行しています。このため、これは、オートラーン構成ページに対するユーザー指定の入力の不適切な検証による、複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性による影響を受けます。
攻撃者はこれらの脆弱性を悪用して、特別に細工されたリクエストを通じて、ユーザーのブラウザセッションで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Fortinet FortiWeb バージョン 5.2.3 または以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://fortiguard.com/psirt/FG-IR-15-005

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 88842

ファイル名: fortiweb_FG-IR-15-005.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

ファミリー: CGI abuses : XSS

公開日: 2016/2/18

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:fortinet:fortiweb

必要な KB アイテム: Host/Fortigate/model, Host/Fortigate/version

エクスプロイトの容易さ: No exploit is required

パッチ公開日: 2015/2/25

脆弱性公開日: 2015/2/25

参照情報

CVE: CVE-2014-8619

BID: 74679