RHEL 5:openssl(RHSA-2016:0304)(DROWN)

medium Nessus プラグイン ID 89070
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題を修正する更新済みの openssl パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 5.6 / 5.9 Long Life で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

OpenSSL は、Secure Sockets Layer(SSL v2/v3)および Transport Layer Security (TLS v1)プロトコル、ならびに全強度の汎用暗号化ライブラリを実装するツールキットです。

Secure Sockets Layer バージョン 2.0(SSLv2)プロトコルにパディングオラクルの欠陥が見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、より新しい SSL/TLS プロトコルバージョンを使用する接続から RSA で暗号化された暗号テキストを解読し、この接続を解読できる可能性があります。
このクロスプロトコル攻撃は、一般的に DROWN と呼ばれています。
(CVE-2016-0800)

注:この問題は、「SSLv23」接続メソッド使用時にデフォルトで SSLv2 プロトコルを無効にし、脆弱な SSLv2 暗号化パッケージのサポートを削除することで対処されました。SSLv2 を有効にする必要があるアプリケーションの場合は、起動前に OPENSSL_ENABLE_SSL2 環境変数を設定することで、デフォルトで「SSLv23」接続メソッドの SSLv2 プロトコルを再び有効にすることができます。詳細については、「参照」セクションでリンクされているナレッジベースの記事を参照してください。

OpenSSL を使用する SSLv2 サーバーが、非エクスポート暗号化パッケージに対して非ゼロクリアキーを示す SSLv2 接続ハンドシェイクを受け入れることが判明しました。攻撃者がこの欠陥を利用して、サーバーでこれを復号化オラクルとして使用することで、記録された SSLv2 セッションを解読する可能性があります。(CVE-2016-0703)

OpenSSL の SSLv2 プロトコル実装が、エクスポート暗号化パッケージに対する Bleichenbacher 保護を適切に実装しないことが判明しました。攻撃者が OpenSSL を使用する SSLv2 サーバーを Bleichenbacher オラクルとして使用する可能性があります。(CVE-2016-0704)

注:CVE-2016-0703 および CVE-2016-0704 の問題は、DROWN 攻撃を通じて CVE-2016-0800 の問題をより効率的に不正利用させる可能性があります。

OpenSSL が SSLv2 ハンドシェイクメッセージを処理する方法で、サービス拒否の欠陥が見つかりました。SSLv2 プロトコルと EXPORT グレード暗号化パッケージの両方を有効にしている場合、リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、OpenSSL を使用する TLS/SSL サーバーを失敗したアサーションで終了させる可能性があります。
(CVE-2015-0293)

悪意のある SSLv2 クライアントが、サーバーで無効になっている SSLv2 暗号をネゴシエートする方法で、欠陥が見つかりました。これにより、脆弱な SSLv2 暗号が SSLv2 接続に対して使用され、中間者攻撃に対して脆弱になる可能性があります。(CVE-2015-3197)

Red Hat は、これらの問題についてレポートしてくれた OpenSSL プロジェクトに感謝の意を表します。Upstream は、Nimrod Aviram 氏および Sebastian Schinzel 氏を CVE-2016-0800 および CVE-2015-3197 の最初の報告者として、David Adrian 氏(ミシガン大学)および J. Alex Halderman 氏(ミシガン大学)を CVE-2016-0703 および CVE-2016-0704 の最初の報告者として、そして Sean Burford 氏(Google)および Emilia Kasper 氏(OpenSSL 開発チーム)を CVE-2015-0293 の最初の報告者として認めます。

openssl の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。更新を有効にするには、 OpenSSL ライブラリにリンクされているすべてのサービスを再起動するか、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/articles/2176731

https://drownattack.com/

https://openssl.org/news/secadv/20160128.txt

https://openssl.org/news/secadv/20160301.txt

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2016:0304

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-0293

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-0703

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-0704

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-0800

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2015-3197

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 89070

ファイル名: redhat-RHSA-2016-0304.nasl

バージョン: 2.20

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/3/2

更新日: 2019/10/24

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openssl, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openssl-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openssl-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:openssl-perl, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.9

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/3/1

参照情報

CVE: CVE-2015-0293, CVE-2015-3197, CVE-2016-0703, CVE-2016-0704, CVE-2016-0800

RHSA: 2016:0304