2.0.2 より前の Wireshark 2.0.x の複数の脆弱性(Mac OS X)

high Nessus プラグイン ID 89102

概要

リモートの Mac OS X ホストには、複数の脆弱性による影響を受けるアプリケーションがインストールされています。

説明

リモート Mac OS X ホストにインストールされている Wireshark のバージョンは、2.0.2 より前の 2.0.x です。そのため、次のコンポーネントで複数の脆弱性の影響を受けることにより、メモリ漏洩、サービス拒否、または任意のコードの実行が引き起こされる可能性があります:

- 3GPP TS 32.423 トレースファイルパーサー
- ASN.1 BER ディセクタ
- DNP ディセクタ
- GSM A-bis OML ディセクタ
- HiQnet ディセクタ
- HTTP/2 ディセクタ
- IEEE 802.11 ディセクタ
- iSeries ファイルパーサー
- Ixia IxVeriWave ファイルパーサー
- LBMC ディセクタ
- LLRP ディセクタ
- NFS ディセクタ
- RSL ディセクタ
- SPICE ディセクタ
- X.509AF ディセクタ

さらに、信頼できない、またはユーザーのコントロール下にあるディレクトリが含まれる可能性がある動的リンクライブラリ(DLL)検索パスを使用するアプリケーションにより、ui/qt/wireshark_application.cpp ファイルに、DLL ファイルの配置およびロード方法に関連する欠陥が存在します。ローカルの攻撃者がこの問題を悪用して、細工された DLL ファイルを検索パスに注入することにより、アプリケーションを実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行する可能性があります。

Nessus はこれらの問題に対してテストされていませんが、その代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号のみに依存していることに、注意してください。

ソリューション

Wireshark バージョン 2.0.2 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.wireshark.org/docs/relnotes/wireshark-2.0.2.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 89102

ファイル名: macosx_wireshark_2_0_2.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2016/3/3

更新日: 2019/11/20

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-2521

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:wireshark:wireshark

必要な KB アイテム: installed_sw/Wireshark

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/2/26

脆弱性公開日: 2015/12/12

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2016-2521, CVE-2016-2522, CVE-2016-2523, CVE-2016-2524, CVE-2016-2525, CVE-2016-2526, CVE-2016-2527, CVE-2016-2528, CVE-2016-2529, CVE-2016-2530, CVE-2016-2531, CVE-2016-2532

EDB-ID: 38996, 39490