Fedora 22:xen-4.5.2-5.fc22(2015-08e4af5a20)

high Nessus プラグイン ID 89135
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 9.2

概要

リモート Fedora ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

eepro100:2 つの無限ループを回避します [CVE-2015-8345](#1285215)、pcnet:
rx バッファオーバーフローを修正します [CVE-2015-7512]、ui:vnc:浮動小数点の例外を回避します [CVE-2015-8504]、追加のパッチ [XSA-158、CVE-2015-8338] ARM で長期間実行されているメモリ操作 [XSA-158、CVE-2015-8338] XENMEM_exchange エラー処理の問題 [XSA-159、CVE-2015-8339、CVE-2015-8340] エラー発生時の pv カーネルと initrd の libxl 漏洩 [XSA-160、CVE-2015-8341] ---- pcnet エミュレーターにおけるヒープバッファオーバーフローの脆弱性 [XSA-162、CVE-2015-7504]、仮想 PMU がサポートされていません [XSA-163]

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを Fedora セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける xen パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1261461

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1284911

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1284919

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1284933

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1285061

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1285213

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1285350

http://www.nessus.org/u?910221e5

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 89135

ファイル名: fedora_2015-08e4af5a20.nasl

バージョン: 2.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/3/4

更新日: 2021/1/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 9.2

CVSS v2.0

Base Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

CVSS v3.0

Base Score: 9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:xen, cpe:/o:fedoraproject:fedora:22

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2015/12/19

参照情報

CVE: CVE-2015-7504, CVE-2015-7512, CVE-2015-8338, CVE-2015-8339, CVE-2015-8340, CVE-2015-8341, CVE-2015-8345