MS16-035:セキュリティ機能バイパスに対処するための .NET Framework のセキュリティ更新(3141780)

critical Nessus プラグイン ID 89757

概要

リモート Windows ホストは、セキュリティ機能バイパスの脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートの Windows ホストに、セキュリティの更新が欠落しています。したがって、署名された XML ドキュメントの特定要素が不適切に検証されていたため、.NET Framework におけるセキュリティ機能バイパスの脆弱性による影響を受けます。攻撃者が、この脆弱性を悪用し、ファイルに関連付けられた署名を無効にせずに、XML ファイルのコンテンツを修正する可能性があります。

ソリューション

Microsoft は、.NET framework 2.0 SP2、3.0 SP2、3.5、3.5.1、4, 4.5.1、4.5.2、4.6、および 4.6.1 向けのパッチのセットをリリースしました。

参考資料

https://www.nessus.org/u?69dfeed4

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 89757

ファイル名: smb_nt_ms16-035.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2016/3/8

更新日: 2020/5/15

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-0132

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:.net_framework

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/3/8

脆弱性公開日: 2016/3/8

参照情報

CVE: CVE-2016-0132

BID: 84075