Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x、SL7.x i386/x86_64 の openssl098e(DROWN)

medium Nessus プラグイン ID 89825

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Secure Sockets Layer バージョン 2.0(SSLv2)プロトコルにパディングオラクルの欠陥が見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、より新しい SSL/TLS プロトコルバージョンを使用する接続から RSA で暗号化された暗号テキストを解読し、この接続を解読できる可能性があります。
このクロスプロトコル攻撃は、一般的に DROWN と呼ばれています。
(CVE-2016-0800)

OpenSSL を使用する SSLv2 サーバーが、非エクスポート暗号化パッケージに対して非ゼロクリアキーを示す SSLv2 接続ハンドシェイクを受け入れることが判明しました。攻撃者がこの欠陥を利用して、サーバーでこれを復号化オラクルとして使用することで、記録された SSLv2 セッションを解読する可能性があります。(CVE-2016-0703)

OpenSSL の SSLv2 プロトコル実装が、エクスポート暗号化パッケージに対する Bleichenbacher 保護を適切に実装しないことが判明しました。攻撃者が OpenSSL を使用する SSLv2 サーバーを Bleichenbacher オラクルとして使用する可能性があります。(CVE-2016-0704)

注:CVE-2016-0703 および CVE-2016-0704 の問題は、DROWN 攻撃を通じて CVE-2016-0800 の問題をより効率的に不正利用させる可能性があります。

OpenSSL が SSLv2 ハンドシェイクメッセージを処理する方法で、サービス拒否の欠陥が見つかりました。SSLv2 プロトコルと EXPORT グレード暗号化パッケージの両方を有効にしている場合、リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、OpenSSL を使用する TLS/SSL サーバーを失敗したアサーションで終了させる可能性があります。
(CVE-2015-0293)

悪意のある SSLv2 クライアントが、サーバーで無効になっている SSLv2 暗号をネゴシエートする方法で、欠陥が見つかりました。これにより、脆弱な SSLv2 暗号が SSLv2 接続に対して使用され、中間者攻撃に対して脆弱になる可能性があります。(CVE-2015-3197)

更新した内容を反映させるには、 openssl098e ライブラリにリンクされたすべてのサービスを再起動するか、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける openssl098e および/または openssl098e-debuginfo パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?815b2a87

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 89825

ファイル名: sl_20160309_openssl098e_on_SL6_x.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/3/10

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl098e, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:openssl098e-debuginfo, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2016/3/9

脆弱性公開日: 2015/3/19

参照情報

CVE: CVE-2015-0293, CVE-2015-3197, CVE-2016-0703, CVE-2016-0704, CVE-2016-0800