openSUSE セキュリティ更新:MozillaFirefox / mozilla-nspr / mozilla-nss(openSUSE-2016-332)

critical Nessus プラグイン ID 89913
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

MozillaFirefox、mozilla-nspr、mozilla-nss のこの更新により、以下の問題が修正されます:

MozillaFirefox が Firefox 45.0 に更新されました(boo#969894)

- NSPR 4.12 / NSS 3.21.1 が必要です

- Hello を通じたインスタントブラウザタブ共有

- ボタンバーの Synced Tabs ボタン

- 他のデバイスから Firefox Accounts 経由で同期されたタブが、検索時に Awesome Bar のドロップダウンエリアに表示されるようになりました

- DNS レベルで .onion をブロックすることを可能にする新しい環境設定(network.dns.blockDotOnion)を導入します

- タブグループ(Panorama)機能が削除されました

- MFSA 2016-16/CVE-2016-1952/CVE-2016-1953 さまざまなメモリ安全性の問題

- MFSA 2016-17/CVE-2016-1954(bmo#1243178)CSP レポートを通じたローカルファイルの上書きと潜在的な権限昇格

- MFSA 2016-18/CVE-2016-1955(bmo#1208946)CSP レポートが、組み込み iframe ページの場所情報の排除に失敗します

- MFSA 2016-19/CVE-2016-1956(bmo#1199923)Intel ドライバーによる Linux ビデオメモリ DOS

- MFSA 2016-20/CVE-2016-1957(bmo#1227052)MP4 処理中に配列を削除する際の libstagefright のメモリリーク

- MFSA 2016-21/CVE-2016-1958(bmo#1228754)表示されるページアドレスはオーバーライドされる可能性があります

- MFSA 2016-22/CVE-2016-1959(bmo#1234949)Service Worker Manager の Service Worker Manager 領域外読み取り

- MFSA 2016-23/CVE-2016-1960/ZDI-CAN-3545(bmo#1246014)HTML5 文字列パーサーの use-after-free

- MFSA 2016-24/CVE-2016-1961/ZDI-CAN-3574(bmo#1249377)SetBody の use-after-free

- MFSA 2016-25/CVE-2016-1962(bmo#1240760)複数の WebRTC データチャネルを使用する際の use-after-free

- MFSA 2016-26/CVE-2016-1963(bmo#1238440)FileReader によって読み取られているファイルを変更したときのメモリ破損

- MFSA 2016-27/CVE-2016-1964(bmo#1243335)XML 変換中の use-after-free

- MFSA 2016-28/CVE-2016-1965(bmo#1245264)履歴ナビゲーションとロケーションプロトコルプロパティを通じたアドレスバースプーフィング

- MFSA 2016-29/CVE-2016-1967(bmo#1246956)perfomance.getEntries および履歴ナビゲーションをセッション復元とともに使用する同一生成元ポリシーの違反

- MFSA 2016-30/CVE-2016-1968(bmo#1246742)Brotli 展開のバッファオーバーフロー

- MFSA 2016-31/CVE-2016-1966(bmo#1246054)悪意のある NPAPI プラグインでメモリ破損

- MFSA 2016-32/CVE-2016-1970/CVE-2016-1971/CVE-2016-1975/ CVE-2016-1976/CVE-2016-1972 コード検査で見つかった WebRTC および LibVPX の脆弱性

- MFSA 2016-33/CVE-2016-1973(bmo#1219339)WebRTC の GetStaticInstance の use-after-free

- MFSA 2016-34/CVE-2016-1974(bmo#1228103)失敗した割り当ての後に発生する HTML パーサーの領域外読み取り

- MFSA 2016-35/CVE-2016-1950(bmo#1245528)NSS の ASN.1 デコーディング中のバッファオーバーフロー(修正には 3.21.1 が必要)

- MFSA 2016-36/CVE-2016-1979(bmo#1185033)NSS の DER エンコードキー処理中の use-after-free(修正には 3.21.1 が必要)

- MFSA 2016-37/CVE-2016-1977/CVE-2016-2790/CVE-2016-2791/ CVE-2016-2792/CVE-2016-2793/CVE-2016-2794/CVE-2016-2795/ CVE-2016-2796/CVE-2016-2797/CVE-2016-2798/CVE-2016-2799/ CVE-2016-2800/CVE-2016-2801/CVE-2016-2802 Graphite 2 ライブラリのフォントの脆弱性

mozilla-nspr がバージョン 4.12 に更新されました

- PR_GetEnvSecure 関数を追加しました。これは、プログラムが昇格された権限で実行されているかどうかの検出を試み、検出した場合は NULL を返します。この関数は汎用目的のライブラリコードで使用することを推奨します。

- PR_*printf 関数に関連するメモリ割り当てバグを修正しました

- API PR_DuplicateEnvironment をエクスポートしました。これはすでに NSPR 4.10.9 で追加されました

- FreeBSD aarch64 のサポートを追加しました

- 複数の軽微な修正と互換性の修正

mozilla-nss は NSS 3.21.1 に更新されました(bmo#969894)

- Firefox 45.0 に必要です

- MFSA 2016-35/CVE-2016-1950(bmo#1245528)NSS の ASN.1 デコーディング中のバッファオーバーフロー(修正には 3.21.1 が必要)

- MFSA 2016-36/CVE-2016-1979(bmo#1185033)NSS の DER エンコードキー処理中の use-after-free(修正には 3.21.1 が必要)

ソリューション

影響を受ける MozillaFirefox / mozilla-nspr / mozilla-nss パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.opensuse.org/show_bug.cgi?id=969894

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 89913

ファイル名: openSUSE-2016-332.nasl

バージョン: 2.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/3/14

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-branding-upstream, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-buildsymbols, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-other, p-cpe:/a:novell:opensuse:libfreebl3, p-cpe:/a:novell:opensuse:libfreebl3-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libfreebl3-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libfreebl3-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libsoftokn3, p-cpe:/a:novell:opensuse:libsoftokn3-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:libsoftokn3-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:libsoftokn3-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nspr, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nspr-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nspr-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nspr-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nspr-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nspr-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-certs, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-certs-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-certs-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-certs-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-sysinit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-sysinit-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-sysinit-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-sysinit-debuginfo-32bit, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-tools, p-cpe:/a:novell:opensuse:mozilla-nss-tools-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:13.2, cpe:/o:novell:opensuse:42.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/3/11

参照情報

CVE: CVE-2016-1950, CVE-2016-1952, CVE-2016-1953, CVE-2016-1954, CVE-2016-1955, CVE-2016-1956, CVE-2016-1957, CVE-2016-1958, CVE-2016-1959, CVE-2016-1960, CVE-2016-1961, CVE-2016-1962, CVE-2016-1963, CVE-2016-1964, CVE-2016-1965, CVE-2016-1966, CVE-2016-1967, CVE-2016-1968, CVE-2016-1970, CVE-2016-1971, CVE-2016-1972, CVE-2016-1973, CVE-2016-1974, CVE-2016-1975, CVE-2016-1976, CVE-2016-1977, CVE-2016-1979, CVE-2016-2790, CVE-2016-2791, CVE-2016-2792, CVE-2016-2793, CVE-2016-2794, CVE-2016-2795, CVE-2016-2796, CVE-2016-2797, CVE-2016-2798, CVE-2016-2799, CVE-2016-2800, CVE-2016-2801, CVE-2016-2802