OracleVM 3.2:kernel-uek (OVMSA-2016-0037)

critical Nessus プラグイン ID 90019
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート OracleVM ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新が欠落しています。

説明

リモート OracleVM システムに、重大なセキュリティ更新に対処するために必要なパッチが、欠落しています:詳細については、 Oracle VM セキュリティアドバイザリ OVMSA-2016-0037 を参照してください。

ソリューション

影響を受ける kernel-uek / kernel-uek-firmware パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?8111de50

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 90019

ファイル名: oraclevm_OVMSA-2016-0037.nasl

バージョン: 2.9

タイプ: local

公開日: 2016/3/18

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek, p-cpe:/a:oracle:vm:kernel-uek-firmware, cpe:/o:oracle:vm_server:3.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleVM/release, Host/OracleVM/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/3/17

脆弱性公開日: 2012/10/3

参照情報

CVE: CVE-2010-5313, CVE-2012-3520, CVE-2013-7421, CVE-2014-3215, CVE-2014-7842, CVE-2014-8133, CVE-2014-8159, CVE-2014-9419, CVE-2014-9420, CVE-2014-9584, CVE-2014-9585, CVE-2014-9644, CVE-2014-9683, CVE-2014-9715, CVE-2015-0239, CVE-2015-1421, CVE-2015-1593, CVE-2015-2150, CVE-2015-2830, CVE-2015-2922, CVE-2015-3331, CVE-2015-3339, CVE-2015-3636, CVE-2015-5156, CVE-2015-5307, CVE-2015-5364, CVE-2015-5366, CVE-2015-5697, CVE-2015-7613, CVE-2015-7872, CVE-2015-8104

BID: 55152, 67341, 71078, 71363, 71684, 71717, 71794, 71883, 71990, 72320, 72322, 72356, 72607, 72643, 72842, 73014, 73060, 73699, 73953, 74235, 74243, 74315, 74450, 75510