Dell iDRAC6 / iDRAC7 / iDRAC8 パストラバーサル認証バイパス

high Nessus プラグイン ID 90265

概要

リモートデバイスは、認証バイパスを可能にするパストラバーサル脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートの Dell Remote Access Controller(iDRAC6 / iDRAC7 / iDRAC8)は、パストラバーサル脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、特別に細工されたリクエストを通じて、認証をバイパスし、iDRAC コントローラーへの特権アクセスを取得する可能性があります。

注意:報告によれば、アプリケーションは、その他のいくつかの脆弱性の影響も受けます(書式文字列の脆弱性、62 文字を超えるユーザー名に対する SSH 認証の問題、SSH シェルのバッファオーバーフロー、および詳細不明な XML 外部エンティティ(XXE)の脆弱性など)。ただし、Nessus はこれらの追加の問題をテストしていません。

ソリューション

ファームウェアバージョン 2.80(iDRAC6) / 2.21.21.21(iDRAC7 および iDRAC8)以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://en.community.dell.com/techcenter/extras/m/white_papers/20441859

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 90265

ファイル名: drac_traversal_auth_bypass.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2016/4/1

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.8

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:ND

CVSS スコアのソース: CVE-2015-7270

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:dell:idrac6_firmware, cpe:/o:dell:idrac7_firmware, x-cpe:/o:dell:idrac8_firmware

必要な KB アイテム: installed_sw/iDRAC

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2015/11/9

脆弱性公開日: 2015/12/2

参照情報

CVE: CVE-2015-7270