Oracle Linux 7:graphite2(ELSA-2016-0594)

high Nessus プラグイン ID 90384

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2016:0594 から:

graphite2 用の更新が、Red Hat Enterprise Linux 7 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは、「参照」セクションで CVE リンクから脆弱性ごとに入手できます。

Graphite2 は SIL の Non-Roman Script Initiative および Language Software Development グループ内のプロジェクトで、複雑な非ローマ字の文字のレンダリング機能を提供します。Graphite を使用すると、様々な複雑な性質を持つ文字を表示できる「スマートフォント」を作成できます。Text Encoding Model に関しては、Graphite は文字実装の「レンダリング」面を処理します。

次のパッケージが新しい Upstream バージョンにアップデートされました:
graphite2(1.3.6)。

セキュリティ修正:

* Graphite2 に様々な脆弱性が発見されました。疑いを持たないユーザーを騙して Graphite2 を使用するアプリケーションで特別に細工されたフォントファイルを開かせることができる攻撃者がこれらの欠陥を悪用して、アプリケーションをクラッシュさせたり、アプリケーションの権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2016-1521、CVE-2016-1522、CVE-2016-1523、 CVE-2016-1526)

ソリューション

影響を受ける graphite2 パッケージを更新してください。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2016-April/005941.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 90384

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2016-0594.nasl

バージョン: 2.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/4/7

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:graphite2, p-cpe:/a:oracle:linux:graphite2-devel, cpe:/o:oracle:linux:7

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/4/5

脆弱性公開日: 2016/2/13

参照情報

CVE: CVE-2016-1521, CVE-2016-1522, CVE-2016-1523, CVE-2016-1526

RHSA: 2016:0594