SUSE SLED12/SLES12 セキュリティ更新:samba(SUSE-SU-2016:1022-1)(Badlock)

high Nessus プラグイン ID 90532

概要

リモート SuSE ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Samba が 4.2.x codestream に更新され、複数の新機能とセキュリティ修正が導入されました(bsc#973832、FATE#320709)。

これらのセキュリティの問題が修正されました:

- CVE-2015-5370:DCERPC サーバーおよびクライアントは、DOS および MITM 攻撃に対して脆弱でした(bsc#936862)。

- CVE-2016-2110:中間者が NTLMSSP 認証をダウングレードする可能性がありました(bsc#973031)。

- CVE-2016-2111:ドメインコントローラー netlogon メンバーコンピューターが偽装される可能性がありました(bsc#973032)。

- CVE-2016-2112:LDAP 接続は、ダウングレードおよび MITM 攻撃に対して脆弱でした(bsc#973033)。

- CVE-2016-2113:TLS 証明書検証がありませんでした(bsc#973034)。

- CVE-2016-2115:Named パイプ IPC が MITM 攻撃に対して脆弱でした(bsc#973036)。

- CVE-2016-2118:認証されたアカウントの「Badlock」DCERPC なりすましが可能でした(bsc#971965)。

以下の修正も行われました:

- オンディスク FSRVP サーバーの状態を新しいバージョンにアップグレードします
(bsc#924519)。

- amba.tests.messaging テストを修正し、現在無効となっている旧式の tdb_close 呼び出しを削除することで、tdb 破損の可能性を防止します(bsc#974629)。

- fsrvp 機能のソースを Upstream バージョンと整列します。

samba-libs の libsmbsharemodes0 および samba-core-devel からの libsmbsharemodes-devel を廃止します
(bsc#973832)。

- s3:utils/smbget:再帰ダウンロードを修正します(bso#6482)。

- s3:smbd:posix_acls:ACL のサポートなしにファイルシステムで u:g:o エントリを設定するチェックを修正します(bso#10489)。

- docs:ドメインログインの例を smbspool man ページに追加します(bso#11643)。

- s3-client:smbspool の KRB5 ラッパーを追加します(bso#11690)。

- loadparm:メモリリークの問題を修正します(bso#11708)。

- lib/tsocket:FIONREAD をサポートしていないソケットの回避策を考えます(bso#11714)。

- ctdb-scripts:「smbcontrol winbindd ip-dropped ...」の使用をドロップします(bso#11719)。

- s3:smbd:open:新規ファイルの作成時に file_set_dosmode に対する冗長コールをスキップします(bso#11727)。

- param:str_list_v3 を修正し、「;」を再度受け入れるようにします(bso#11732)。

- loadparm の本当のメモリリーク(ビルドアップ)の問題
(bso#11740)。

- libsmbclient0 の libsmbclient、および提供されていない場合でも libsamba-passdb-devel の libpdb-devel を廃止します(bsc#972197)。

- シンボリックリンクの Windows ACL の取得および設定により、リンクの権限が変更される可能性があります

廃止のみを行い、gplv2/3 パッケージの名前は提供しません
(bsc#968973)。

- クラスタリング(CTDB)サポートを有効化、(bsc#966271)。

- s3:smbd:SMB2 create 内のタイムスタンプの丸めを修正、
(bso#11703)、(bsc#964023)。

- vfs_fruit:開いたファイルのあるディレクトリの名前変更を修正
(bso#11065)。

- フォルダを Samba にコピーする際の MacOS の Finder エラー 36 を修正します
(bso#11347)。

- s3:smbd/oplock:oplock をリリースする際に、カーネルの oplock 設定に従います(bso#11400)。

- ストリームのプレフィックスとタイプのサフィックスなしで vfs_streams_xattr を使用する際に、vfs_fruit でファイルのコピーを修正します
(bso#11466)。

- s3:libsmb:DFS 接続が後続するプライマリのリストを保持する際に、リストヘッドを適切に初期化します
(bso#11624)。

- 空の文字列オプションのメモリフットプリントを削減します
(bso#11625)。

- lib/async_req:async_connect_send_test をインストールしません
(bso#11639)。

- docs:man vfs_gpfs の入力ミスを修正します(bso#11641)。

- smbd:「hide dot files」オプションが「store dos attributes = yes」と動作するようにします(bso#11645)。

- smbcacls:初期化されていない変数を修正します(bso#11682)。

- s3:smbd:ディレクトリ作成の最初の割り当てサイズを無視します(bso#11684)。

- 1 から 3 より、2 つのエントリのログレベルを変更;
(bso#9912)。

- vfs_gpfs:共有モードをもう一度有効にします;(bso#11243)。

- wafsamba:RELRO 保護でライブラリも構築します;
(bso#11346)。

- ctdb:ノードファイルから末尾のスペースを取り除きます;
(bso#11365)。

- s3-smbd:ワイルドカードで削除を行っている古い DOS クライアントを修正し、ゼロの属性タイプを指定します;(bso#11452)。

- nss_wins:グローバルで割り当てられたメモリにアクセスしているときに、そのグローバルがもう一度初期化される場合は、use after free の問題に直面しません;(bso#11563)。

- async_req:非ブロッキングな connect() を修正します;(bso#11564)。

- auth:gensec:メモリリークを修正します;(bso#11565)。

- lib:util:重要でないメッセージを警告にします;
(bso#11566)。

- 信頼できるドメインユーザーに対する samlogon での winbindd クラッシュを修正します;(bso#11569);(bsc#949022)。

- smbd:SMB2 oplock 中断を暗号化しないで送信します;(bso#11570)。

- ctdb:RO 追跡 db を 0000 ではなく 0600 の perms で開きます;(bso#11577)。

- manpage:わずかな誤字エラーを修正します;(bso#11584)。

- s3:smbd:共有で EA がオフに切り替わる場合、SMB2 はそれらを含むものを作成できません;(bso#11589)。

- 上流マスターから valgrind の修正をいくつかバックポートします;
(bso#11597)。

- s3: smbd:have_file_open_below() が、オープンディレクトリハンドル下でオープンファイルを列挙できません(bso#11615)。

- docs:man 5 の smb.conf の idmap config セクションで一部の誤字を修正します;(bso#11619)。

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを SUSE セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

この SUSE セキュリティ更新をインストールするには、YaST online_update を使用してください。
または、お使いの製品用に一覧になったコマンドを実行することも可能です。

SUSE Linux Enterprise ソフトウェア開発キット 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SDK-12-2016-605=1

SUSE Linux Enterprise サーバー 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-SERVER-12-2016-605=1

SUSE Linux Enterprise High Availability 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-HA-12-2016-605=1

SUSE Linux Enterprise Desktop 12:

zypper in -t patch SUSE-SLE-DESKTOP-12-2016-605=1

お使いのシステムを最新の状態にするには、「zypper パッチ」を使用してください。

参考資料

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=973032

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=973033

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=973034

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=973036

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=973832

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=974629

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-5370/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2110/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2111/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2112/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2113/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2115/

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-2118/

http://www.nessus.org/u?d433eabc

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=320709

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=913547

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=919309

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=924519

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=936862

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=942716

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=946051

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=949022

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=964023

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=966271

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=968973

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=971965

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=972197

https://bugzilla.suse.com/show_bug.cgi?id=973031

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 90532

ファイル名: suse_SU-2016-1022-1.nasl

バージョン: 2.15

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/4/15

更新日: 2021/1/6

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 6.8

現状値: 5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:libdcerpc-binding0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libdcerpc-binding0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libdcerpc0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libdcerpc0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libgensec0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libgensec0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libndr-krb5pac0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libndr-krb5pac0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libndr-nbt0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libndr-nbt0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libndr-standard0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libndr-standard0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libndr0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libndr0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libnetapi0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libnetapi0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libregistry0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libregistry0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamba-credentials0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamba-credentials0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamba-hostconfig0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamba-hostconfig0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamba-passdb0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamba-passdb0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamba-util0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamba-util0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamdb0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsamdb0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsmbclient-raw0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsmbclient-raw0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsmbclient0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsmbclient0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsmbconf0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsmbconf0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsmbldap0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsmbldap0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libtevent-util0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libtevent-util0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libwbclient0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libwbclient0-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:samba, p-cpe:/a:novell:suse_linux:samba-client, p-cpe:/a:novell:suse_linux:samba-client-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:samba-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:samba-debugsource, p-cpe:/a:novell:suse_linux:samba-libs, p-cpe:/a:novell:suse_linux:samba-libs-debuginfo, p-cpe:/a:novell:suse_linux:samba-winbind, p-cpe:/a:novell:suse_linux:samba-winbind-debuginfo, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/4/12

脆弱性公開日: 2016/4/12

参照情報

CVE: CVE-2015-5370, CVE-2016-2110, CVE-2016-2111, CVE-2016-2112, CVE-2016-2113, CVE-2016-2115, CVE-2016-2118