Ubuntu 12.04 LTS/14.04 LTS/15.10:php5 脆弱性(USN-2952-1)

critical Nessus プラグイン ID 90677
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

PHP Zip 拡張が、特定の zip ファイルを処理する際にディレクトリを不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者が、この問題を利用して、任意のディレクトリを作成する可能性があります。
(CVE-2014-9767)

PHP Soap クライアントがデータタイプを不適切に検証していることが判明しました。リモートの攻撃者が、この問題を利用して、 PHP をクラッシュさせ、結果としてサービス拒否または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。
(CVE-2015-8835、CVE-2016-3185)

PHP MySQL ネイティブドライバーが、MySQL データベースへの TLS 接続を不適切に処理していることが判明しました。中間者攻撃者がこの問題を利用して、TLS 接続上でダウングレードおよびスヌーピングを行う可能性があります。
この脆弱性は BACKRONYM として知られています。(CVE-2015-8838)

PHP が imagerotate 関数を不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者が、この問題を利用して、PHP をクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、機密情報を取得したりする可能性があります。この問題が該当するのは Ubuntu 14.04 LTS と Ubuntu 15.10 のみです。(CVE-2016-1903)

Hans Jerry Illikainen 氏は、PHP phar 拡張が特定の tar アーカイブを不適切に処理することを発見しました。リモートの攻撃者が、この問題を利用して、 PHP をクラッシュさせ、結果としてサービス拒否または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-2554)

PHP WDDX 拡張が、特定の無効な形式の XML データを不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者が、この問題を利用して、 PHP をクラッシュさせ、結果としてサービス拒否または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-3141)

PHP phar 拡張が、特定の zip ファイルを不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者が、この問題を利用して、PHP をクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、機密情報を取得したりする可能性があります。(CVE-2016-3142)

PHP libxml_disable_entity_loader() 設定がスレッド間で共有されていることが判明しました。PHP-FPM の下で実行中の場合、これによって XML 外部エンティティインジェクションとエンティティ拡張の問題が引き起こされる可能性があります。
この問題が該当するのは Ubuntu 12.04 LTS と Ubuntu 14.04 LTS のみです。(CVE 番号がありません)

PHP openssl_random_pseudo_bytes() 関数が暗号的に強い pseudo-random バイトを返さないことが判明しました。(CVE 番号がありません)

PHP Fileinfo コンポーネントが、特定の magic ファイルを不適切に処理していることが判明しました。攻撃者がこの問題を利用して、PHP をクラッシュさせてサービス拒否を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE 番号未定)

PHP php_snmp_error() 関数が文字列フォーマットを不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者が、この問題を利用して、 PHP をクラッシュさせ、結果としてサービス拒否または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。この問題が該当するのは Ubuntu 14.04 LTS と Ubuntu 15.10 のみです。(CVE 番号未定)

PHP rawurlencode() 関数が、長い文字列を不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者がこの問題を使用して、 PHP をクラッシュし、サービス拒否を引き起こすことがありました。(CVE 番号未定)

PHP phar 拡張が、アーカイブの特定のファイル名を不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者が、この問題を利用して、 PHP をクラッシュさせ、結果としてサービス拒否または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE 番号未定)

PHP mb_strcut() 関数が、文字列フォーマットを不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者が、この問題を利用して、 PHP をクラッシュさせ、結果としてサービス拒否または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE 番号保留中)

注意:Tenable Network Security は、前述の説明ブロックを Ubuntu セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/2952-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 90677

ファイル名: ubuntu_USN-2952-1.nasl

バージョン: 2.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/4/22

更新日: 2019/9/18

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libapache2-mod-php5, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:php5-cgi, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:php5-cli, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:php5-fpm, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:php5-gd, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:php5-mysqlnd, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:php5-snmp, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:15.10

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/4/21

脆弱性公開日: 2016/1/19

参照情報

CVE: CVE-2014-9767, CVE-2015-8835, CVE-2015-8838, CVE-2016-1903, CVE-2016-2554, CVE-2016-3141, CVE-2016-3142, CVE-2016-3185

USN: 2952-1