Oracle GlassFish Server 2.1.1.x < 2.1.1.27 NSS ASN.1 デコーダー RCE(2016 年 4 月 CPU)

critical Nessus プラグイン ID 90681

概要

リモート Web サーバーは、リモートコードの実行の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行されている Oracle GlassFish Server は、2.1.1.27 より前の 2.1.1.x です。これにより、Network Security Services(NSS)ライブラリの ASN.1 デコーダーにおけるヒープバッファオーバーフロー状態の影響を受けます。リモートの攻撃者がこれを悪用して、細工された OCTET STRING データを通じて、サービス拒否または任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。

ソリューション

2016 年 4 月 Oracle Critical Patch Update アドバイザリで言及されているように、Oracle GlassFish Server バージョン 2.1.1.27 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?ffb7b96f

http://www.nessus.org/u?56572c1f

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 90681

ファイル名: glassfish_cpu_apr_2016.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2016/4/22

更新日: 2019/11/20

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2015-7182

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:glassfish_server

必要な KB アイテム: www/glassfish

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/4/19

脆弱性公開日: 2015/11/3

参照情報

CVE: CVE-2015-7182

BID: 77416