Oracle Linux 5:nspr/nss(ELSA-2016-0684)

high Nessus プラグイン ID 90745
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2016:0684 から:

nss および nspr の更新が、Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中として評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは、「参照」セクションで CVE リンクから脆弱性ごとに入手できます。

Network Security Services(NSS)は、セキュリティが有効なクライアントおよびサーバーのアプリケーションのクロスプラットフォーム開発をサポートするライブラリセットです。Netscape Portable Runtime(NSPR)により、非 GUI オペレーティングシステム機能がプラットフォームに依存しなくなります。

次のパッケージが新しい Upstream バージョンに更新されました:
nss 3.21.0、nspr 4.11.0。(BZ#1297944、BZ#1297943)

セキュリティ修正:

* NSS が DHE(ディフィー・ヘルマン鍵交換)および ECDHE(楕円曲線ディフィー・ヘルマン鍵交換)のハンドシェイクメッセージを処理する方法で、use-after-free の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者が、NSS に対してリンクされたアプリケーションによって解析されたときに、そのアプリケーションをクラッシュさせたり、特定の特別な条件下で、アプリケーションを実行しているユーザーの権限を使用して任意のコードを実行する、特別に細工されたハンドシェイクメッセージを送信する可能性があります。(CVE-2016-1978)

* NSS が特定の DER(Distinguished Encoding Rules)でエンコードされた暗号鍵を処理する方法で、use-after-free の欠陥が見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、特別に細工された DER でエンコードされた証明書を作成し、その証明書が NSS ライブラリでコンパイルされたアプリケーションで解析されるときに、アプリケーションをクラッシュさせたり、アプリケーションを実行しているユーザーの権限を使用して任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2016-1979)

Red Hat は、これらの問題を報告してくれた Mozilla プロジェクトに感謝の意を表します。Upstream は、Eric Rescorla 氏を CVE-2016-1978、Tim Taubert 氏を CVE-2016-1979 の最初の報告者として認めます。

ソリューション

影響を受ける nspr および/または nss パッケージを更新します。

関連情報

https://oss.oracle.com/pipermail/el-errata/2016-April/005963.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 90745

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2016-0684.nasl

バージョン: 2.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/4/27

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:oracle:linux:nspr, p-cpe:/a:oracle:linux:nspr-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:nss, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-pkcs11-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:nss-tools, cpe:/o:oracle:linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2016/4/25

脆弱性公開日: 2016/3/13

参照情報

CVE: CVE-2016-1978, CVE-2016-1979

RHSA: 2016:0684