RHEL 6 / 7:java-1.7.1-ibm(RHSA-2016:0701)

critical Nessus プラグイン ID 90818

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

java-1.7.1-ibm 用の更新が、Red Hat Enterprise Linux 6 Supplementary および Red Hat Enterprise Linux 7 Supplementary で現在利用可能です。

Red Hat 製品セキュリティは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度最高として評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは、「参照」セクションで CVE リンクから脆弱性ごとに入手できます。

IBM Java SE バージョン 7 リリース 1 には、IBM Java Runtime Environment と IBM Java ソフトウェア開発キットが含まれています。

この更新は、IBM Java SE 7 をバージョン 7R1 SR3-FP40 にアップグレードします。

セキュリティ修正:

* この更新は、IBM Java Runtime Environment と IBM Java ソフトウェア開発キットの複数の脆弱性を修正します。これらの欠陥の詳細については、参照セクションにリスト表示されている IBM Java セキュリティアラートのページを参照してください。(CVE-2016-0264、CVE-2016-0363、CVE-2016-0376、 CVE-2016-0686、CVE-2016-0687、CVE-2016-3422、 CVE-2016-3426、CVE-2016-3427、CVE-2016-3443、 CVE-2016-3449)

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2016:0701

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-0264

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-0363

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-0376

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-0686

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-0687

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-3422

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-3426

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-3427

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-3443

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-3449

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 90818

ファイル名: redhat-RHSA-2016-0701.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/5/2

更新日: 2023/5/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.1

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 8.3

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2016-3443

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.6

現状値: 8.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-demo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-jdbc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-plugin, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.7.1-ibm-src, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.7, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.2, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.3, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.4, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/4/29

脆弱性公開日: 2016/4/21

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2023/6/2

参照情報

CVE: CVE-2016-0264, CVE-2016-0363, CVE-2016-0376, CVE-2016-0686, CVE-2016-0687, CVE-2016-3422, CVE-2016-3426, CVE-2016-3427, CVE-2016-3443, CVE-2016-3449

RHSA: 2016:0701