Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x、SL7.x i386/x86_64 の ImageMagick

high Nessus プラグイン ID 91039

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

セキュリティ修正:

- ImageMagick が特定の入力を、委任関数に渡す前に、適切にサニタイズしていないことが判明しました。リモートの攻撃者が、特別に細工された画像を作成して、それを ImageMagick を使用するアプリケーションが処理する際、または疑いを持たないユーザーが ImageMagick ユーティリティを使用して処理する際に、アプリケーションを実行しているユーザーの権限で任意のシェルコマンド実行が起こる可能性があります。(CVE-2016-3714)

- 特定の ImageMagick コーダーおよび疑似プロトコルが、特別に細工された画像を処理する際に、セキュリティ上問題のある操作を適切に防止しないことが判明しました。リモートの攻撃者が、特別に細工された画像を作成して、それを ImageMagick を使用するアプリケーションが処理する際、または疑いを持たないユーザーが ImageMagick ユーティリティを使用して処理する際に、攻撃者が任意のファイルのコンテンツを削除、移動、または漏洩する可能性があります。(CVE-2016-3715、 CVE-2016-3716、CVE-2016-3717)

- ImageMagick が特定の画像を処理する方法で、サーバー側のリクエスト偽造の欠陥が発見されました。リモートの攻撃者がこの欠陥を悪用して、ImageMagick を使用するアプリケーションまたは疑いを持たない ImageMagick ユーティリティを使用するユーザーを欺いて、たとえば、特別に細工された画像を介して HTTP(S) リクエストを実行させたり、FTP セッションを開かせたりする可能性があります。(CVE-2016-3718)

注:この更新には、更新済みの /etc/ImageMagick/policy.xml ファイルが含まれ、EPHEMERAL、HTTPS、HTTP、URL、FTP、MVG、MSL、TEXT、および LABEL コーダーが無効になります。更新後に何らかの問題がある場合は、要件に合致するように policy.xml ファイルを手動で調節する必要が発生する可能性があります。ImageMagick ライブラリを使用するアプリケーションが、処理前に、悪意があるか信頼されないファイルを処理しないように、注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?46d0d048

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 91039

ファイル名: sl_20160509_ImageMagick_on_SL6_x.nasl

バージョン: 2.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/5/11

更新日: 2021/11/30

サポートされているセンサー: Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

基本値: 10

現状値: 8.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: High

基本値: 8.4

現状値: 8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:imagemagick, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:imagemagick-c%2b%2b, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:imagemagick-c%2b%2b-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:imagemagick-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:imagemagick-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:imagemagick-doc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:imagemagick-perl, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/5/9

脆弱性公開日: 2016/5/5

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2022/5/3

参照情報

CVE: CVE-2016-3714, CVE-2016-3715, CVE-2016-3716, CVE-2016-3717, CVE-2016-3718