Ubuntu 14.04 LTS:linux-lts-utopic の脆弱性(USN-2969-1)

high Nessus プラグイン ID 91090
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 6.7

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Ralf Spenneberg 氏は、Linux カーネルの Aiptek Tablet USB デバイスドライバーが、デバイスによって報告されたエンドポイントを適切にサニティチェックしないことを発見しました。物理的にアクセスできる攻撃者が、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2015-7515)

Ben Hawkes 氏は、Linux カーネルの AIO インターフェイスが 2GB 以上の単一書き込みを許可することで、特定のファイルシステム、ソケット、またはデバイスの種類に対して書き込む際に整数オーバーフローが引き起こされる可能性があることを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたり、任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2015-8830)

Zach Riggle 氏は、Linux カーネルのリストポイズン機能が mmap_min_addr 値を考慮しないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを利用して、カーネルのポイズンポインター保護メカニズムをバイパスしながら、既存のカーネルの脆弱性を悪用しようとする可能性があります。
(CVE-2016-0821)

Ralf Spenneberg 氏は、Linux カーネルの USB サウンドサブシステムが、USB デバイス記述子を適切に検証しないことを発見しました。物理的にアクセスできる攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-2184)

Ralf Spenneberg 氏は、Linux カーネルの ATI Wonder Remote II USB ドライバーが、USB デバイス記述子を適切に検証しないことを発見しました。物理的にアクセスできる攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-2185)

Ralf Spenneberg 氏は、Linux カーネルの PowerMate USB ドライバーが、USB デバイス記述子を適切に検証しないことを発見しました。物理的にアクセスできる攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-2186)

Ralf Spenneberg 氏は、Linux カーネルの I/O-Warrior USB デバイスドライバーが、USB デバイス記述子を適切に検証しないことを発見しました。物理的にアクセスできる攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-2188)

Sergej Schumilo 氏、Hendrik Schwartke 氏、および Ralf Spenneberg 氏は、モデムおよび ISDN アダプター用の USB 抽象デバイスコントロールドライバーが、エンドポイント記述子を検証しないことを発見しました。物理的にアクセスできる攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-3138)

Linux カーネルの IPv4 実装が、inet デバイスオブジェクトの破壊処理を適切に実行しないことが判明しました。ゲスト OS 内の攻撃者がこれを利用し、ホスト OS でサービス拒否(ネットワーキング障害)を引き起こす可能性があります。(CVE-2016-3156)

Andy Lutomirski 氏は、Linux カーネルが 64 ビットの PV Xen ゲストの IOPL を適切にコンテキスト切り替えしないことを発見しました。ゲスト OS の攻撃者がこれを利用して、サービス拒否(ゲスト OS クラッシュ)を引き起こしたり、権限を取得したり、機密情報を入手する可能性があります。(CVE-2016-3157)。

注意:Tenable Network Security は、前述の説明ブロックを Ubuntu セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける linux-image-3.16.0-71-generic 、 linux-image-3.16.0-71-generic-lpae、linux-image-3.16.0-71-lowlatency の全てまたはいずれかのパッケージを更新します。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/2969-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 91090

ファイル名: ubuntu_USN-2969-1.nasl

バージョン: 2.13

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2016/5/12

更新日: 2019/9/18

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 6.7

CVSS v2.0

Base Score: 7.2

Temporal Score: 5.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS v3.0

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.16-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.16-generic-lpae, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.16-lowlatency, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:14.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2016/5/9

脆弱性公開日: 2016/3/12

参照情報

CVE: CVE-2015-7515, CVE-2015-8830, CVE-2016-0821, CVE-2016-2184, CVE-2016-2185, CVE-2016-2186, CVE-2016-2188, CVE-2016-3138, CVE-2016-3156, CVE-2016-3157

USN: 2969-1